• 2006.11.22
  • 「母の会」・お母さんからの手紙 はコメントを受け付けていません。

「母の会」・お母さんからの手紙

11月3日に開催した「母の会」の最後に
参加者のお母さん方に「会」の感想をお願いした。

当初から、内容のいかんを問わず(内心ドキドキ?)                  一番最初に届いた手紙のお母さんにお願いをして、
このブログに載せる覚悟だった。
11月6日の夕方4時前の郵便で届いた一等最初の
手紙のお母さんに、過日快く了承してもらった。

以下はその手紙の全文である。


今日は。コーチング研修会を開いていただき、
ありがとうございました。
塾長の熱意に打たれ、最後まで聞かせていただきました。
日ごろの自分を振り返ってみると、ドーカチングママ
の行いのいかに多い事かと反省させられました。
詰問、叱責など思い当たることばかり。
ついつい子供を思い通りに支配しようとする自分がいます。
 何年か前、親業を勉強した事がありますが、
コーチングは親業に通ずるところがありますね。
子供の視線に立って、共に問題解決しようとする姿勢。
特に「オウム返しをする」ところは同じです。
「これはお子様が幼かった頃必ずされていた事です」
と言われましたが、親業の先生にも全く同じ事を言われました。
 頭では理解できても、実践するとなると難しいです。
講師の先生方がして下さった劇の様にはなかなか
できそうにもありません。
感情を押さえて、ゆっくり待つには相当の忍耐が必要です。
特に我が子となると、どうしても期待が大きすぎて、
ゆっくり向き合う事ができません。
私がいつも気に留めているのは「子供は親の言う通り
にはならない。親のする通りになる」と言う言葉です。
本当に人は自分の思い通りにならないものですよね。
それぞれの考え方、感じ方があるのですから。
それは夫婦間、家族間にも言えることで、自分の価値観を
他人にも押し付けないように、気をつけています。(と、話が
それましたが・・・)
 今日は、講師の先生方もいらっしゃるということで、
いろいろ直接お話もできるかと思っていましたが、
時間がなくて残念でした。
次の機会には座談会など設けていただき、若い先生の
考え方、教え方(?)、コーチングの方法など、
聞かせていただけたら嬉しいです。
 質問があるのですが、、コーチングスキルのところで
「なぜ」を「なに」に変えるというスキルがありましたが、
具体的にどのようにすればよいのか教えてください。
 今日は本当にお疲れ様でした。お母さんのご意見で
「実際に講師の方が、コーチングをしているのか疑問・・・」
と言う話がありましたが、私はそう思っていません。
教えて(コーチングして)いただけて嬉しく思っています。
 機会があれば、塾長のギターを聞かせていただきたいです。
できれば陽水とか、かぐや姫をリクエストします!!
 ありがとうございました。

 

私は先週お母さん方にお礼の手紙を書くべく
再度読み返していて、涙が出そうになった。                  
皆さんの熱い思い、子供の悩み、今までの反省
塾への期待etc・・・。                                 
全員の手紙を掲載したくなった。
通り一遍の感想ではなく、私の心の奥底まで                        染み込んでくる、思いがつまった手紙だったから。

子供がいる時間は、当然、塾より家庭のほうが多い。
話をするのも、塾のコーチより、両親の方が多い。
だから、塾と家庭で相乗効果を上げる必要がある。
入塾案内の最初にも書いているが、私は主役の子供たちを、              
家庭と教育の現場がサポートするトライアングルを
しっかり作る事が肝要であると思っている。
そのために私が学んできた教育コーチングを
家庭で少しでもいかしてもらおうと、そのスキルを伝えたいと              「母の会」という勉強会を開催した。

このお母さんの手紙で子供は親の言う通りには・・・」
は全くその通りだと思う。                              
「子供は親の背中を見て育つ」と言う言葉もあるが
ある意味で子供は親の鏡である。
今回私は出席されるお母さんに宿題を出した。
前もって2つの冊子を読んでもらうこと。
おせっかいとは思ったが、お母さんの心のあり方、
気持ちのあり方を、今一度見つめ直す機会に
なれば幸いに思ったから。
手紙には皆さんがそれを肯定的に書いてくれた。
本当にうれしく、ありがたく思った。

私自身は、ちっぽけなそこらへんに落ちている
石ころのような存在だ。
しかし、私の考えにシンクロしてくれる「皆さん」                      
という水面に飛び込んでいくことで、
私の思い、私が学んできたことが広がっていけばいいな
と思っている。


ということで、参加者されたお母さん方全員の                       
ご要望にお応えして、第2回も必ず開催することを
お約束いたします!
しかし・・・ギターは・・・う~ん・・・困ったな???

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る