• 2013.12.9
  • コメントは受け付けていません。

あこがれ先生プロジェクト

10月の上旬、お世話になっている知り合いのOさんから電話があった。

「山田さん、岐阜であこがれ先生プロジェクトをやります。

 スタッフに入ってもらえませんか?」

0.2秒で

「はい、やらせてもらいます」

あこがれ先生プロジェクト・・・中村文昭さんが中心となって

学校の先生に元気なってもらおう!

子ども達が憧れる先生になってもらおう!

という学校の先生を応援するイベント。

doc20131209230559.pdf

10月24日、初ミーティング。

以来6,7回のミーティングを重ね、昨日開催。

10時に駅前の16プラザへ。

私は中村文昭さんのCD,DVD,本などの物販を担当。

10時30分からは舞台で「我武者羅応援団」がリハーサル。

私とスタッフ2名も、11時から日本野鳥の会会員のちょい役でリハーサル。

(舞台に出るのは1分くらい)

12時の開場から続々と入ってくる。

12時57分、ちょい役のために舞台裾で出番を待つ。

13時開演、ですぐに出番。

会場は500人の人でにぎわっていた。

我々スタッフも中に入って講演をみた。

中村文昭さん、西原綾子先生、西園和彦先生、我武者羅応援団

それぞれの話、演舞にめちゃくちゃ感動した。

時に涙が出そうになり、必死でこらえた。

3年前に三重大学の講堂で見たときもすごく良かったが、

今回の岐阜はさらに数倍よかった。

ほんと、岐阜県下の全ての先生方に参加してもらいたかったな。

終了後はスタッフ、出演者で打ち上げ。

皆はじけていたな。

こんな皆で盛り上がった打ち上げは初めて。

「あこがれ先生プロジェクト岐阜」スタッフによる打ち上げ

中村さん.jpg
スタッフTシャツに中村さんに「返事は0.2秒」とサインをしてもらう

西原先生.jpg
 きらきらぼし大作戦の九州の西原先生

西園先生.jpg
 津商業の西園先生

大坪さん.jpg
  我武者羅の団長と主催者のOさん

がむしゃら.jpg
我武者羅応援団

「あこがれ先生プロジェクト岐阜」打ち上げ締め

この国の未来を作るのは

政治家でもなければ、科学者、識者でもない。

これからの時代を背負っていく子供たちである。

その子供たちに大きく関わっているのが教育者、先生である。

だから先生が元気だと、日本の未来は元気になる!

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る