せんなん??

こんにちは晴れ
ブログ2回目、くらがのです。
はじめにお詫びです…2日に1回更新します!と宣言しておきながら
更新がまちまちになってしまい、申し訳ありませんでしたm(__)m
2周目になり、更新する順番も決まったのでこれからは大丈夫です!!
引き続きおつきあいのほど、よろしくお願いします!
さて…早いものでもう年の瀬、2008年も残り半月となりました。
いやぁ~~何だかあわただしい1年だったな~~
事あるごとにいろんな所で動いていた気がします(~o~)
そんな日常のせいか分かりませんが、僕の最近の口癖は、
「せんなんなー」です。
え、「せんなん」って何?と思われた方、
なんか地名っぽいですが、地名ではありませんよ。
せんなん=しなければならない、
英語で言えば”must”の意味で使います。
僕の地元、石川の方言のようです。
先日、大学の友人(岐阜出身)に、
「いつも使うけど、そんな言い方する?」
と言われすごく困りました。
田舎者丸出しですが、実はその時「せんなん」を標準語だと
思い込んでいました。
今まで指摘してこなかったのは、文脈で通じていたからだそうです。
こうやって、皆に通じると思っていた言葉が
方言だと気づかされるのはかなり恥ずかしいです(-_-;)
もうちょい早く言ってほしかった……
そう言われてから少しの間、「○○しないと」
のような言い回しにしてみました。
がしかし、自分は違和感だらけで言いにくいし、
何よりその友人から「逆に変」と言われ、
結局、「○○せんなんし、△△もせんなんなー」
なんて具合に元に戻っています^^;
学志舎の塾生と話すときはどうでしょうか、、、
時々標準語も使いますが、結構方言が出てますね。
楽というのもありますが、付け焼刃で覚えた岐阜弁や標準語を
使っても、聞いている方が違和感を覚えそうなので、
話し言葉は自然体でいこうと思っています。
「方言は言葉に付いたアクセサリー」なんて表現を、
いつぞや聞いた気がします。石川を離れ岐阜に居る今だからこそ、
心に響く言葉です。
僕なりの方言の解釈は、その人がその土地に暮らしている(いた)証、
といった所でしょうか。
方言って、生活にものすごく密着しとるからな~
そんな自分だけのアクセサリーを、
いつまでも持ち続けていければなぁ~と思う今日この頃です。
僕のとりとめのない話にお付き合い頂き、ありがとうございました。
それではexclamation
くらがの

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る