• 2008.9.5
  • のび太君がかわいそう はコメントを受け付けていません。

のび太君がかわいそう

福田総理が辞任した。
何のサプライズも無い。
はなから「総理になりたい」と思って出た人ではない
私は就任当初からいつおやめになるのだろう?
と思っていたから当然のことのように思えた。
辞任会見では
「自分を客観的に見ることができるんです。」
う~ん、そうだろうか?
だから、一国の総理の責務を全うできない
と思い辞任した・・・。
いやいや、客観視できるのだったら初めから
お受けにならなければよかったんだ。
だったらその言葉は本物なんだよな。
2人続いて、新体制での突然の辞任。
それを選んだのは誰?
自民党に人材がいないのは誰が見ても明らか。
諸外国のトップと堂々と渡り合える総理・・・。
私にはかつての「角さん」以外に思いあたらない。
良い悪い、好き嫌いはあれどね。
さて、お隣の中国では・・・

1年前、中国のネット上で福田総理についたあだ名は
なんと「のび太くん」だとか。
中国でも人気の『ドラえもん』の中国語版では、
主人公である「野比のび太」の名前が「野比康夫」になっており、
首相と同名であることにちなんだものだそうだ。
メガネをかけて何となく頼りない雰囲気も、
イメージにぴったり合ったみたいだ。

「のび太くんがかわいそう」
「ドラえもんは助けに来なかったのか」

辞任が報じられると、中国のニュースサイトやブログには
そんな書き込みが相次いだそうな。
「政権投げ出し」に対する無責任との批判も、
外電を引用する形で伝えられてはいる。
しかし一般的には、お人好しの福田首相が、
自民党内の権力闘争や野党の攻撃に耐えかね、
辞任に追い込まれたと同情的に見る向きが大勢を占めているとか。
お~い、のび太くん、ドラえもんに「オーケーマイク」
をもらっておけばよかったね。
そうすれば民主組学級委員の「いちろう君」は
君の言うことを聞いてくれてたかも。
*「オーケーマイク」
『小学二年生』1970年3月号に登場する。

このマイクで人に話しかけると、マイクを持った人の言うことを誰でも聞くようになる。

 

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る