• 2009.1.21
  • オバマ氏大統領就任 はコメントを受け付けていません。

オバマ氏大統領就任

今朝眠たい目を凝らしながら、いやウトウトしながら
米国第44代大統領オバマ氏の就任式を見ていた。
さすがにすごい規模のものだった。
これから4年間、米国のいや世界の舵取りをする男の
演説を聴くために、大勢の人が集まっていた。
ろくに選挙もぜずに、民意を問わずして一国の宰相を決める、
挙句の果てには、途中でその責を放り投げてしまうような
どこかの国とは大違いである。
ニコニコしたジョージ・ブッシュ前大統領の顔が映されていた。
なんとなく能天気な顔?それもそうである。
オバマ大統領を作ったのは彼なのであるから。
ある英国紙は皮肉をこめてはっきりと書いている。
「最後にブッシュ氏が評価される唯一の良い点は
オバマ氏の大統領選勝利を可能にしたことだ」と。
共和党候補ジョン・マケイン氏が敗れたのは
ブッシュ前大統領の8年間の負の遺産に負う所が大きい。
イラク戦争、それが影にかすんだサブプライム問題。
サブプライムを規制しなかった無能な共和党のブッシュ。
いくら一匹狼だと言っても、そのブッシュとともに歩んできた
共和党候補者という看板はどうしようもなかった。
経済問題は深刻である。
難題が山積み状態の現状で、オバマ氏はどのように
腕を振るうのか、非常に楽しみである。
それに比べ、しゃべるたびにボロを出すどこかの国の首相。
今では誰も期待してはいまい。
というより就任前から私は期待してなかった。
この現首相の下では何も変わらないと思っていた。
案の定、いや逆戻りしつつあるような。
う~ん、この新しい世界のトップは40代なんだよな・・・。
早く選挙を行って、G党が負け、政界再編の第一幕が開くのを待っている。
わけの分からない、口先だけの古い政治屋達は淘汰されなければ。
変わらばければこの国は沈没するだけ。
未来を担う子供達のために Change!

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る