• 2006.7.26
  • サマプロ2006 はコメントを受け付けていません。

サマプロ2006

 

今日で3日目。夏の講習会はさすがに夜はバテバテになる。
授業は朝9時半から始まって、昼、夕方、夜と4つのコースがあるが、
ほとんど立ちっぱなしなので結構きつい。
だから毎年お盆休みで帰省するときには、中休みでホッとする。
まだまだ始まったばかりで、ネを上げていてはいけなのだが・・・。

中3の中にはすでに、計画を守れない生徒が出てきた。
しっかりネジをまき、檄を飛ばした。
人って人生に何回か、やらねばならない節目があると思う。
中3生はその1回目だ。その節目で頑張れなければ節が作れない。
節がない竹は(存在しないが)弱くて簡単に折れてしまうだろう。 
塾生には、節目節目の勝負時にしっかり頑張れる人間になってほしい。
年をとったとき、自分の節目を懐かしく思い出せるようになってほしい。

初日の朝、至誠館の階段の下の植え込みにいたカタツムリ。
午前の授業が終わったときには2m近く移動していた。
            100_0948.JPG
 
私はカタツムリが大好き。あのユーモラスな格好がなんともいえない。

似たようなものでも、ホームレスのナメクジはどうもいただけない。
迎えを待っていた4年生の林君と、カタツムリを見ながら話をしてい た。                              「僕、雨降りはいややな~」

「先生も雨降りはいややな。でもカタツムリは喜んどるやろうな」
「うん、先生、カエルも喜んどるよ」
「そうか、カエルも喜んどるな」
何気ない会話なんだけど、前日まで講習会の準備でバタバタして、
なんとなく急いていた私の心は、彼の言葉ですーっと和んでいった。

ありがとうね!
 
 

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る