• 2013.4.3
  • コメントは受け付けていません。

バス旅行

今朝5:20に起きて、6時前に長良の教室へ。
そう、今日は塾のバス旅行。
1年おきにTDLとUSJに行っているが、今年はUSJ。
TDLは車内で二泊するのでけっこうこたえる。
その点、USJは日帰りなのでまだ楽である。
23時半ごろ帰ってきた。
今日は、雨もぱらつきていたせいか、例年より人が少なかった。
とはいえ、1時間以上並ばなければならないのはね・・・。
昨日は塾の春プロ(春期講習会)の最終日。
帰りに自由書房で、バスの中で読む本を買った。
「海賊と呼ばれた男」の百田尚樹氏の「永遠の0」「モンスター」、
「阪急電車」の有川浩氏の「フリーター家を買う」の3冊を買って
「永遠の0」と「フリーター・・」を持っていく。
行きに「永遠の0」」を読み始めたが、めちゃくちゃ重たい。
帰りに最後まで一気に読んだが、途中でつらくなった。
2年前に行った、知覧の様子が思い出された。
どんな思いで、若者が、いや先輩たちが二度と戻ることのない
祖国の滑走路を飛び立っていったか。
それも、どんな人たちが、どんな状況で散っていったか・・・。
普通本は2回は読むのだが、この本は読む自信がない。
でも、子どもたちに読んでほしい本である。
そして一度は、知覧に行ってほしいと思った。
今の日本に必要なのは何か?
今の子供たちに教えないといけないのは何か?
南の海に眠る方々は、今の日本を見てどう思っているだろうか?
我々、教育の現場にいる者として、改めて
「教育」とは何か?を考えされられる1冊であった。
日本人としての矜持、心・・・。
さて、もう3日になってしまったが、あと6時間後には愛媛に帰郷する。
4月の教室に、桜を咲かせるために。
生徒諸君、こうご期待!

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る