• 2007.3.16
  • プロ野球 はコメントを受け付けていません。

プロ野球

西武ライオンズの裏金問題が新聞をにぎわしている。
今朝のワイドショーでは早稲田大学の清水選手が
西武関係者から口止めされたことを暴露していた。

もらった方も悪いかもしれないが、当時18歳の少年を
上手く言いくるめて金で縛った大人の方が悪い。
きっとこれは氷山の一角で、プロ野球界では
当然のように行われている事ではないかと想像する。

数年前に楽天の市場投手の問題があったのに、
またか、という心境だ。
本当に懲りない面々がうようよいる。
不二家の問題でも、雪印の例があってあの様。
ようするに、ばれなきゃ何でもありの大人の世界。
ばれたら、今度は口止めに走る。

私はもうここ数年、プロ野球に興味がなくなって
シーズン中、土日の野球中継を見なくなった。
これも熱烈ファンだった巨人がおかしな補強をし、
面白くない野球をするようになってからだ。
いつぞや読売新聞の勧誘のお兄さんがやってきた時、
「ナベツネさんが引退しないとね・・・。」
すると、お兄さん「そうなんですよね、ナベツネさんが・・」
と愚痴をこぼし始めた。どうも私以外の何人もの人に
同じ事を言われ購読を断られたらしい。
巨人の野球というか、プロ野球界全体がね・・・。

巨人人気におんぶに抱っこしている間に
いつの間にやら、スポーツニュースの主役は
サッカー・Jリーグに。
アメリカのように、下部組織から徹底的にファンサービス
をして、ファンに支えられているチームとして、
ファンに愛されるチームとしての意識が乏しい。

本当にファンに愛されるチームを作る意識があれば
ユニフォームに今更企業名などいれないであろう。
大リーグにそんなチームあったっけ???
結局、野球チームなんて、企業の宣伝・看板くらいにしか
考えていないトップの意識が見え隠れする。

その点、元西武ライオンズの石毛氏が奮闘する
四国アイランドリーグ。
地元企業の応援を得、ファンを大切にし、
入場者数を伸ばしてきている。

何が言いたいのか、わけが分からなくなってきたが、
清水選手は3年生のこれからだという時に、
本当にかわいそうな気がする。

ついでに、
今、「週間現代」で騒いでいる大相撲の八百長問題。
何年も前に「週間ポスト」でさんざん取り上げられて、
中盆をしきった力士の生の告白などで
今更八百長の存在などもう分かりきってることだ。

私はガチンコ相撲がなんとか見れた
若貴時代を最後に相撲も見ていない。
かつて八百長に手を染めていた親方連中に
「八百長はあるんですか?」と聞いても
認めるわけはないではないか。
昔から、変な相撲はあった。
故二子山親方(元大関貴ノ花)が現理事長の北の湖親方に
本割で負け、優勝決定戦で勝った時など、
子供心に「強い北の湖がなんでわざと負けたんだろう」
と思ったくらいだ。力を入れることなく、軽量の貴ノ花
に寄り切られた、ありえない光景を見たときそう感じた。

しかし考えれば、かつては年4回の本場所が
興行のために年6回となり、その間にも巡業がある。
毎度毎度体を張ってやっていたら、もたないのかもしれない。
そう思うと、八百長もやむなし・・・?
おまけに今の力士は、昔のような鍛えられた
筋肉の塊のような力士などあまり見られない。
だから決まり手は「寄りきり」「押し出し」が多い。
小さい頃は、逆転の投げ技、土俵際の「うっちゃり」など
はらはらしながら最後まで勝敗の行方を見ていたものだ。
今では勢いあまっての土俵際の突き落としくらいで
・・・巨漢力士、見るも無残。

今の相撲を「神聖な国技」として見るからいけない。
あくまでも「スモーショー」として見れば良い。

千代の富士が大鵬親方の優勝記録を抜かなかったのは、
八百長で大記録を作ることへの、彼のせめてもの良心の呵責
からではないかと私は思っている。

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。
banner_02.gif←ブログランキング応援のワンクリックお願いします!

 

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る