• 2007.2.26
  • ラグビー日本選手権 はコメントを受け付けていません。

ラグビー日本選手権

昨日ラグビーの日本選手権決勝があった。
TVで見るのは正月の大学ラグビー準決勝以来。

さすがに見ごたえがあった。
結果は薫田監督(岐阜工業出身)率いる
東芝がトヨタを破り、連覇を達成。
分厚いディフェンスの勝利かな。
後半トヨタに逆転トライか?の場面が
あったのだが、不運にもグランディング
出来ずに幻のトライとなった。
またここぞと言うところの
簡単なPGをはずしたのが痛かった。

日本での最高レベルのラグビーなのだが、
ここまでくると技術的なことは拮抗している。
競った試合で勝敗を分けるのは
やはり最後は「勝ちたいという思い」
「勝利への執念」「精神力」ではないだろうか。

試合後のインタビューで冨岡主将はこういっている。
「激しさに差はなかった。違ったのはハートの部分。
一人一人の強い思いが上回った」


ただ、試合途中で東芝の立川とトヨタの正面との
乱闘の場面だけはいただけなかった。
レフェリーの「ラグビーのゲームをやってるんだ・・・」
との注意があったが、その通り。
直接のコンタクトが多いスポーツであるからこそ、
冷静な行動が要求される。
特にトッププレーヤーにはなおさらのこと。
試合終了間際に、勝利を確定付けるトライを
東芝の立川が決め、右手を高らかに上げ
勝利宣言をしたが、私は少々しらけ気味。
大学時代から彼は好きなプレーヤーだったのだが、
あのつまらない場面さえ見なければ・・・。
それだけがザ・ン・ネ・ン。

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。
banner_02.gif←ブログランキング応援のワンクリックお願いします!

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る