ワールドカップ

山下です。更新おくれてすいませんでした。
さて、いま巷ではワールドカップ一色になっていると思います。
日本代表はあれほど大会前は期待されてなかったのに、
蓋を開けてみれば予選を通過し、より多くの人が熱狂しています。
ただ、その分生活のリズムが崩れ寝不足になっている人も多いと思います。
その原因は時差にあります。
南アフリカは東経30度だそうです。
知ってのとおり日本は兵庫県の明石市を東経135度の経線が通っています。
なので両国間の経度差は105度になります。
時差は15度で1時間つくので両国間には105÷15=7時間の時差が生じます。
そう考えると現地でのゴールデンタイムは日本時間だと深夜帯にあたってしまうのです。
ただ、国土の広いアメリカやロシアでは同じ国内でも何時間と時差が生じています。
小さな日本にいてはなかなか現実味の湧かない話だと思います。
なのでせっかくの機会なのでこういうことを考えてみるのもおもしろいと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る