• 2009.1.11
  • 七大陸最高峰を… はコメントを受け付けていません。

七大陸最高峰を…

昨日名古屋へ講演会を聞きに行ってきた。
期末特別授業でのDVD鑑賞会の「中村文昭氏」
を目当てで聞きに行った。
講演者は二人いて、前半が中村氏、
中村.JPG
 休憩時に中村氏を見つけ、事務長と3ショット

後半が26歳の若きアルピニスト「栗城史多氏」だった。
うん、すごい。
こんな若者がいたんだ。
七大陸最高峰を無酸素で、それも単独での登頂に挑戦中。
6つは登頂して、後残りは一つ、ご存知チョモランマ(エベレスト山)。
命を懸けてこの4月に挑戦する。
なんでも最後の一時間をヤフーで中継するらしい。
栗城氏曰く「途中で画面が動かなくなったら、
それは僕が死んだということですので・・・」
彼が優れた体力の持ち主でもない。
肺活量はごく平凡な数字。
足の筋力は普通以下。
身長162㎝、体重61㎏。
巨大なクレバスや雪崩、高山病に肺気腫、凍傷と戦いながら
本当に死と隣合わせの登山。
失敗してはやり直す。
誰も成しえない無酸素での単独登頂。
いや~すごい。
実体験の話には迫力がある。
命を懸けた真実には鬼気迫るものがある。
2月28日岐阜で講演会があるが、ぜひまた話を聞きたいと思う。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る