• 2014.12.19
  • コメントは受け付けていません。

久々の卒塾生

夕飯を食べていたら、呼び出された。
「卒塾生が来ている」ので・・・と。
食べかけのサンマを横目に塾へ出る。
来ていたのはマスクをした青年。
昨年の春に卒塾した、長良高校剣道部主将だったM君。
学校へ行く途中に気が変わり、ふらっと塾に来ては勉強していたな。
初めて学校へ行かずに、塾へ来たときのことを覚えている。
仕事をしていると塾のカギを開ける音がする。
こんな早い時間に誰かな?と思って教室に出るとM。
「塾長、あの~塾で勉強していいですか?」
学校をさぼってきたので、恐る恐るMは言う。
私は笑顔で
「ようこそ学志舎へ!」
そんな会話を交わしたことを覚えている。
もう2年以上も前のことである。
さて、1月4日の学志舎卒塾生同窓会の話をする。
「え~塾長、急じゃないですか、早く連絡して下さいよ!」
と言いながらも、うれしそうに携帯のスケジュールに打ち込んでいる。
「あの~一人連れてきてるんですが、呼んできていいですか?」
「ほっ、いいけど、誰や?」
なんと彼女。
そうか、やっと彼女ができて、お披露目に来たんだな。
彼女も可愛いいが、彼女ができてそれを見せに来るMの気持ちが可愛いい。
ほどなく事務長が帰ってきて、話が弾む。
卒塾しても、塾に帰ってきてくれる子供たち。
本当にうれしくなる。
塾人冥利に尽きる。
彼らの成長のためにも、ぜひとも大学部を立ち上げる。
それが1月4日である。
みんな明日案内のハガキを出すからな、飲もうぜ!!!
年明けが楽しみである。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る