• 2008.11.15
  • 五日市さん2 はコメントを受け付けていません。

五日市さん2

五日市さんの講演会で写真の本を買い読み終えた。
 五日市さん.JPG
過去三回の講演会で、五日市さんは2回「お金」についての話をした。
イスラエルのおばあさんが五日市さんに黒い箱と白い箱を
プレゼントしたときに、五日市さんがなけなしの所持金の中から
1万円をだしたとき「やっぱりね」と言ったその話からの派生である。
お金は、お金が喜ぶような使い方をしなければならない。
この本にも書いてあった。
どうすればお金は喜ぶのか。
つまりお金は人が喜ぶように使わなくてはならない。
生きたお金の使い方。
節約とケチの違いなど。
人間は忘却の中に生きている。
講演会を聞いて「そうだ!」と思っていてもこの通り、
いつの間にか忘れている。
自分の血となり肉となるまで、
体に染み付くまで繰り返さなくてはならない。
覚えてるつもりでも忘れている。
認知7回の法則・・・。
だから私は何回でも聞きにいく、読む。
学志舎の決算は11月。
今年度も通塾してくれる生徒の、
その保護者のおかげで利益が出ている。
3月・11月と育真館の改装工事を行った。
今までお世辞にもきれいと言えるような教室でなかった。
至誠館と比べると雲泥の差があった。
きれいになった、広くなった、明るくなった。
新たに机も入れた、椅子も入れた。
 育真館1.JPG
 入ってすぐのメインの教室。
 P1000803.JPG
  一番奥の京大個別会&マンツーマン&自習室。
  この二つの間にあった事務所を改造し教室にした。
  今まで通路だったところを事務所に改造した。
  生徒の席は最大で22席まで可能になった。
  

高校の部をさらに充実させるために契約した
「京大個別会」を昨日からいよいよ試験的に始めた。
上の写真パーテーションの奥に「京大個別会」の
パソコンを設置したデスクがある。
そのためにPCも4台購入した。
さらに「京大個別会算盤教室ピコ」開校の契約も近々する予定。
今までは、生徒に感動DVDを見てもらうのに
ノートパソコンの小さい画面で4,5人単位で見せていた。
大きな画面で、より迫力ある画像を見て欲しいから
もっと心に響かせたいからプロジェクターを購入した。
今みんなに見て欲しいDVDがある。
冬プロに入るまでに見てもらおう。
今年の利益はほぼすべてつぎ込んだ。
私がいろいろな研修会に出られるのも
教材の展示会に出られるのも
塾の勉強のための書籍が購入できるのも
すべて学志舎に通ってくれるみんなのおかげである。
お金は喜んでくれたであろうか?
生徒は喜んでくれたであろうか?
その結果は来年度にわかる。 

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る