• 2006.12.6
  • 保護者懇談会 はコメントを受け付けていません。

保護者懇談会

12月2・3の土日、朝から晩まで保護者懇談会を実施した。
今週の土曜日まで引き続き、懇談会は続く。
今日までに50人弱のお母さん方と話したが、
印象的だった話を2つ

まずは中2のN君のお母さん。
10月に入塾して、この期末テストで402→452                   と大幅UPで自己最高記録を作った。
お母さんは開口一番「成績があがったことも
うれしいのですが、今回もっとうれしいことがありました」
それは何か聞くと、N君が試験の後「お母さんありがとう
と言ってくれたことだそうだ。
お母さんに「何かされたんですか?」と聞くと
「何もしてません。私は今まで口うるさく言ってばっかりでした」
その言葉で、今回お母さんはN君を見守っていた                        
ということがわかった。

中3のNさんのお母さん。「この子の人生ですから・・・中略・・・
この子にまかせます」
懇談の後に、Nさんとの話の中で「塾長、私将来、                         お母さんのような母親になりたい
いい関係ですね。信頼しあっています。                       
二人の生徒のこんな素敵な言葉に私はうれしくなった。

11月3日の「母の会」に参加してもっらたお母さんからは
いろいろと実践報告が届いた。
カチンと来たとき、別室へ行って私が宿題に出した
小冊子を読んで冷静になって、再び子供と話をしているお母さん。
子供を怒ろうとしたとき、今の自分の顔は?とふり返り、                  
一呼吸おいて叱りに変えているお母さんetc・・・。
共通して、子供に対して気持ちが楽になった、とのこと。
そして、次回も出席するので必ず開いて欲しいとの要望をもらった。
さらにご主人に説明しても、もうひとつ分かってくれないので、
パパ向けのコーチングの会も開催して欲しいとのこと。


前向きな要望があるということは、本当にうれしいことだ。
私と縁がある子供たち、親御さんに喜んでもらえるように                 微力ではあるが今後とも精進しくては!

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る