信じる

こんにちは^^
西野です♪
もう12月ですね。
師も走るという師走ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
私事ですが、12月19日(もうすぐ★)に、私の所属している岐阜薬科大学コーラスクラブの定期演奏会があります☆
その定期演奏会の中で歌う曲に中には、谷川俊太郎さん作詞、松下耕さん作曲の「信じる」という曲があります。
この曲の歌詞がとっても素敵なんです。
「♪信じることに理由は、要らない」「♪信じることは生きる源」
などなど・・・聞けば聞くほど、噛みしめれば噛みしめるほど、感動してしまいます。
どうしてこの話を出したのかというと、単にこの曲が好き!というのもあるのですが、
先日、受験生の生徒のカルテの保護者に方からのコメント中で紹介したいものがあったからです。
次のような内容でした。
「結果が出るまでに長い時間がかかるのだと思います。
 焦らず、最後まで走り続けてみてください。
 父も母も信じています。」
  「応援してるよ」「頑張ってね」
    ではなく、
   「信じています」。
この親御さんの「信じる」という言葉に、
私の頭には雷鳴のような衝撃が走った後、心は何だかじ~んとしてしまいました。
相手に深く関われば、関わるほど、相手の欠点や弱いところが見えてきますよね。
それを知れば知るほど、また、その人を大切に思うあまり、感情的になればなるほど、
「信じる」ということは難しくなっていく・・・
悲しいけれど、これは私の実感です。
親子であるなら、なおさら、子供の短所や好ましく思わないところも見えているでしょう。
けれど。
それでも、その子の可能性を、「信じる」。
「信じる」という言葉の重さを痛感しました。
私も自分の子供には、そうやって声をかけられるお母さんになりたい!と思いました。
人間は、「信じられる」ということにとても弱い生き物だと思います。
私も「君ならできると信じてこれを任せたんだ」
なーんて真剣に言われちゃったら・・・・
きっと、自分が思う以上に頑張ってしまうと思います(笑)
人の「信じる」という思い(念力?)には素晴らしいエネルギーがこめられていますよね。
それが、自分や周りの人間の可能性をひろげていく・・・
そう思いませんか?
是非、毎日意識して、自分を、相手を、世界を、信じていきたいですね★
では。読んでいただきありがとうございました。
素敵なコメントを下さった保護者の方にも感謝しています。
ありがとうございました^^
~ここからは宣伝~
明後日12月19日に、私の所属している岐阜薬科大学コーラスクラブの定期演奏会の宣伝をこの場を借りてさせていただきます(笑)
場所は岐阜市文化センター小劇場(金宝町のバス停からすぐです☆)で、
開場が13:30、開演が14:00です♪
私以外にも、若山先生や磯野先生も歌います。
なんと磯野先生は指揮も振ります(^^♪
パンフレットに学志舎さんの広告も載せていただいており、
前回の磯野先生のブログでも宣伝してましたし、
塾にもチラシを張らせていただいております。
塾長と事務長、ご協力ありがとうございました。
興味のある方はぜひ!!お待ちしてます^^

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る