• 2006.12.15
  • 偉い先生方 はコメントを受け付けていません。

偉い先生方

自民党では郵政民営化問題でライオン丸に叛旗を向けた
先生方が、自分の意見を曲げて白旗を揚げて戻ってきた。

郵政問題で自分の意見を貫いたまではカッコ良かった。
しかし、党議党則を破ったお仕置きは想定外だった。
本人たちも、まさか刺客を送ってまでは・・・とたかをくくっていた。
予想もしなっかった「自民党の傘から追い出される」
という状態になって初めて自分のその後の予想の甘さ、
そして自分一人では外の雨をしのぐ事ができない事実を
しみじみ分からせられたのだろう。
また、自分という神輿をかついでくれる、持ちつ持たれつの
関係の地元の担ぎ手からの圧力もあったであろう。
しかし・・・TVとかで見る限りではあまり好きではなっかた平沼氏
の、ある意味で意思を貫いた潔さに私は好感を持った。

頭を下げた岐阜のお姫様は、何やら支部長の椅子をめぐって
刺客であった、落下傘候補と言われたS先生ともめている様子。

前回の衆議院選挙で、皆様おなじみの「ホリエモン」を筆頭とする
「落下傘候補」のことが話題に上った。
地元に縁がない「落下傘候補を」を非難するような、
首をかしげるような週刊誌・新聞の記事も見られた。
しかし私は候補者皆が「落下傘候補」になればよい、と思っている。

国会議員とはいったい何なんだろう?
国の、国全体の事を考えて仕事をするのが仕事のはずだ。
かつては「外交は票にならない」と言われ、
選挙後の地方紙での先生方の抱負にも、お約束のように
「地元の経済の活性化」ばかりが載っていた。
また地元地方紙も、先生方の力量を推測しかねてか
外交問題に関しての質問は一切なかった。
金独裁帝国の拉致問題が公になるにつれ、
少しずつ様子が変わってきたが、我が地元の先生方のコメントは
あいも変わらず、地盤沈下する地元の活性化ばかりだ。

さて話がわき道にそれたが、落下傘候補がなぜよいのか。
今夜は少々アルコールが入っているのでこのまま書けば
内容が本音丸出しの超過激になりそうなので、
また次回に・・・かつては授業中に政治問題を生徒に
しゃべっていると熱くなって、延々授業時間をオーバーして
生徒から「塾長が政治家になったら?」と言われたもんだ。笑




関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る