• 2006.7.6
  • 先輩より3 はコメントを受け付けていません。

先輩より3

岐阜総合学園1年 Tさん

 

私はあまり家で集中して勉強できる方ではなく、 
また受験生だと言うのに夏休みまで部活中心で、 
全く受験に関して危機感がなく、夏期講習までは 
あまり勉強に身が入っていませんでした。 
 
夏期講習では塾で1日5時間の勉強時間の中で、 
あらかじめ立てておいた計画に沿って、 
その日の目標ページをなんとかこなしていきました。 
終わらない日は、夜の部でやりきりました。 
正直に言って、初めのころは1・2年の復習と 
3年の前期の復習をしないといけないので、えらかったです。 
しかし計画を自分で立てたことによって、 
1日にこれだけはやりきるという目標ページがあり、 
教室でボーっと5時間過ごすのではなく、 
充実した気持ちで勉強が出来ました。 
毎日目標を達成することで力がついてきたように思え、 
自分に自信ができてきました。 
 
塾長は何かあると「計画が大事」と言いますが、 
本当に計画は大切だと思いました。 
きちんと計画を自分で立てることによって 
テキストが2回通りできたし、夏休みの最後には 
間違ってチェックを入れたところも取り組め、 
テキストが効率よく使えたと思います。 
 
5時間の間にはもちろん先生方がまわりにみえます。 
だから問題を解いて、少しでも疑問があれば、 
せっかく先生がいるのだから、どんどん質問をして、 
分からないところを放っておかないことです。 
自分が納得できるまでとことん聞くのがいいと思います。 

「塾と学校の先生はうまく使え」とこれも塾長がよく言う

言葉ですが、本当に使わなければ損だと思います。 
 
夏休み前に、最初1日5時間と聞いたときは「長いな」 
と思いました。そして今までの自分を考えると、 
無駄に時間が過ぎないか少し不安もありました。 
しかし終わってみると「アッ」と言う間でした。 
1日1日の勉強の積み重ねが、その日その日の計画を 
やりきった事が、受験勉強・テストへの自信となりました。 
そして夏休み明けの学校の試験では、いっぺんに90点アップ 
の念願の5科目400点台も達成できました。 
  
夏期講習を意味のあるものにするかしないかは、 
結局自分次第だと思います。 
夏期講習は本当に自信をつけるいい機会ですから、 
このチャンスを生かして下さい。 
これからの受験勉強の自信として下さい。 
そして頑張った夏期講習は、勉強だけでなく 
きっと他の場面でも自分のためになると思います。 

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る