八戸へ

土曜日の7時半、伊奈波通りバス停発。
13時42分八戸着。
畑山先生が迎えに来てくれていた。
車で夜の授業開始まで、八戸周辺を案内してもらう。
3.11で流された痕。
先生の友人は、八戸港の市場に勤めていたが
その日、ビルの5階から海を見ていた。
すると、水が見る見る引いていき、
なんと深さ15mの防波堤の底まで見えたそうな。
岸壁.jpg
異様な光景に、これはただ事ではない!
そしてあの津波は来た。
しかし八戸は、50年前の教訓で、皆高いところに家を建て住んでいた。
死者は3人だけだったそうだ。
隣の三沢市には自衛隊基地がある。
津軽海峡をロシアの原潜が通り抜け、
テポドンを人工衛星と偽る北朝鮮の脅威がある。
はっきり、自衛隊は「国民を守るためにある」事を
八戸市民は認識している。
種差海岸。
司馬遼太郎をして

「どこかの天体から人がきて
地球の美しさを教えてやらねばならないはめになったとき、
一番にこの種差海岸に案内してやろうとおもったりした。」
と言わしめた美しい、天然芝の広がる風景。

天然芝.jpg
そして、これがかの東山魁夷画伯の「道」
道.jpg
のモデルになった現在の「道路」
道.jpg
6時から今回の目的である「OK学習法」の
本家本元の授業を見学する。
北海道の滝川から、OK学習法の1級を取得するためにやってきた
J先生の1週間の滞在の最終日だった。
授業の後半には、私もハンコを持ってJ先生の隣に座る。
yamada.jpg
他塾の生徒に話をしながらハンコ押しは最初ちょいと緊張する。
しかし、すぐに慣れて生徒と話始める。
活気のある授業であり教室だった。
それと、圧倒的な学習量。
授業終了後の11時前より、屋台村で飲む。
魚の美味しいこと!
お酒の美味しいこと!
田酒.jpg
                         田酒の特別純米酒
よって昨日はお約束の二日酔い(笑)
あっという間の一泊二日。
何かを判断する場合、そのものの良悪しは当然だが
その人の「心」に感じて私は判断する場合が多い。
畑山先生、天摩先生本当にお世話になりました。
この夏は「OK学習法」炸裂します!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
  1. 山田先生の心温まるご感想を拝読し嬉しい限りです。天摩T、塾生にも早速先生のブログを紹介させて頂きます。
    この夏の「OK!学習法」の炸裂を楽しみにしております!!
    (^_-)v

    • やまだ
    • 2012年 7月 30日

    畑山先生お世話になりました。
    本当にありがとうございました。
    次回もよろしくお願いいたします!

コメントは利用できません。

最近のコメント

アーカイブ

ページ上部へ戻る