• 2009.12.11
  • 冬のボーナス はコメントを受け付けていません。

冬のボーナス

朝のモーニングショーでは冬のボーナスのことでもちきり。
国家公務員が6%下がって平均65万円、
大手企業で16%下がって平均74万円とか。
ボーナス・・・懐かしい響き。
もう20年近くもその姿を見たことが無い。
社会人になって初めてボーナスをもらったときは、
夜のネオン街に、はかなく消えたように思う。
2回目のボーナスは、クーラーとやはり飲み代に消えた。
その後は、すべてが滞納していた家賃に消えた。(笑)
これ本当の話。
大阪の東淀川区の新幹線脇の1DKのマンションに住んでいた。
当時手取りで13万前後くらいだったかな?
仕事の後、まっすぐ帰宅するのは月に2、3日。
ほとんど毎日、お客さんと飲み行ってるか麻雀。
そんな生活をしていたらお金が持つわけがない。
当然家賃が滞ってくる。
家主は隣の棟に住んでいる鄭さんという、気のいいおばあちゃんだった。
当時振込みではなく、毎月現金で払っていた。
初めて滞納したとき「ごめんなさい。ボーナスが出たら払いますので・・・」
「あそう、じゃあボーナスのときね」
案外あっさり了解してもらった。
引っ越すときに挨拶に行くと「これもって行く?」
と言って自分で漬けた本場仕込みのキムチをもらった。
話はそれたが、ボーナスといっても長年他人事でピンとこない。
企業はクリスマス商戦で躍起になっている。
街に出ると、クリスマスソングが流れ、それなりの雰囲気。
消費が上向かなければ、経済は活性化されないが、
この状況では、あまり明るくなさそうである。
物が安くなって喜んでいる状態じゃあなんともならない。
自分で自分の首を絞めているようなもの。
クリスマス・・・
山田家は、6月以来家族で外食をしたことが無いので、
なんとか皆そろって食事をしたいと思っている?
負の遺産を受け継いで大変だろうけど、
とにかく早急に手を打たないといけないのは経済だよ、
国民の暮らしだよ、ね、ポッポさん。
恵まれすぎた環境で育って、下々の人々の生活は
分からないかもしれないけど。
あなたが大きな袋を担いで、そりに乗ってやってくるのを
国民は期待してドラスティックに政権交代を実現したんだから。 
 LAST CHRISTMAS/WHAM! (ワム!)
 

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る