半世紀

昨日で半世紀・・・50回目の誕生日。
まずは昨朝の2時ごろ愛媛の父と母に手紙を書いた。
簡単に言うと「父と母の子供に生まれてこれまで幸せだった。
この不肖の息子の今後を一日でも長く案じていて欲しい」と。
そして夜は家族で久々の外食。
焼き鳥屋さんへ。
   birthday.JPG
そして帰宅後、子供とカミさんを前にヨッパライオヤジの話。
子供達には一人ひとりの生まれた頃の話など。
そして「一般には子供は親を選べない」と言うが
今、思うにうちの子供たちは、私たち親を選んで
生まれてくれたんじゃないかと思うということ。
そして私は子供達に感謝した。
私たちの子供に生まれてきてくれたこと。
今までに私たちに投げかけてくれた、様々なメッセージ、
うれしかったこと楽しかったことちょいとつらかったこと、
山あり谷ありのいろんな経験を子供達にさせてもらったこと。
次にカミさんに感謝した。
こんな私に21年間もつきあってくれたこと。
そして初めて自分の誕生日に子供達にプレゼントをした。
ちょうど3人とも(次男を除く)MP3プレーヤーがどうのこうの
言っていたので、今自分が買うならこれだ、と思うものを選んだ。
メーカーにプレーヤーの裏に子供達の名前を刻印してもらった。
つまり世界で一つしかないものとなったのだ。
16Gの容量に、さらに16GのSDカード。
映画も2つ3つ楽々入る。
そして部屋で使うMP3用2.1chのスピーカー。
これも事前に私がパソコンのスピーカーを買い換えるから
といって、黒・白・woodの中から子供達に好みを聞いていた。
三者三様好みが分かれた。
長男はwood、長女は白、次女は黒。
子供達はびっくりしていた。
オヤジの誕生日に自分達がプレゼントをもらうなんて。
今朝起きると枕元にバースデーカードが2つ。
娘二人からのものだった。
最近ちょいととんがっていた長女から
「パパとママの子供に生まれてきてよかった。この家族でよかった。
今まで心配かけたり、怒らせたりしてしてごめんなさい。
そのたびに見守ってくれたり、叱ってくれてありがとう。
これからも心配をかけるけどよろし(笑)」
というような手紙。
うれしかったな。
私の今回のテーマは「0」からの出発。
半世紀を機に新たな旅立ち。
この50年、私に縁があった皆さんへ
これまでありがとうございました!
私がこれまでやってこれたのは、
生きてこれたのは、
皆さんのおかげです。
皆さんのお役に立てるように
これからも頑張ります。
今後ともよろしくお願いいたします。
本当にありがとうございました!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • angel gang
    • 2008年 11月 03日

    お誕生日おめでとうございます。
    感動ビデオをより タイトル「半世紀」のブログ読ませていただいて感動しております!
    奥様にありがとうを言葉で言えるのは素晴らしい!あーーそうそう 女性って言葉も嬉しいんですが・・・貢物も大好きなんですよ^^v

    • やまだ
    • 2008年 11月 06日

    angel gangさんコメントありがとう。
    人生の折り返し地点をとうに過ぎた身としては、
    誕生日自体はうれしくはないのですが。
    女性って、貢物が大好き…ね…。
    含み多きお言葉、肝に銘じて
    今後の人生を歩んでいきまする!?

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る