• 2013.10.7
  • 半沢直樹 はコメントを受け付けていません。

半沢直樹

半沢直樹が終わって楽天で「ロスジェネの逆襲」を発注。

楽天、アマゾンとも在庫なし状態だった。

「ロスジェネの逆襲」は半沢直樹の第3部

東京セントラル証券に飛ばされた後の話である。

やっと届き、寝る前に、トイレでむさぼるように読んだ。

半沢.jpg

これを来年「半沢直樹2」としてTBSはやるのだろうか?

あの視聴率だと、必ずやるだろうな。

今回も追い詰められながらも、窮地を脱していく

そして最期には大逆転。

一部の大阪編から面白くて、一気に読破してきたが

何が面白いのか、何に共感しているのか今回分かった。

サラリーマン時代、他人のために土下座をしたことがある。

上司の不正に立ち向かったこともある。

客のために、自分と会社の利益を飛ばしたこともあった。

金に魂を売ることだけはしたくなかった。

ワイドショーとかでは、現代の水戸黄門のような

勧善懲悪の見ていてスカッとするドラマ、とか言われていたが、

ロスジェネを読んで、なんで半沢直樹にすごく共鳴したのか

彼が部下に言った言葉で分かった。

doc20131010180951.pdf

何のために人は仕事をするのか?

これだよこれ!

まさに学志舎の教育理念。

[サウンドトラック]半沢直樹 メインテーマ
この曲、塾へ行く時、野球へ行くときに車の中で聞いている。
「ヤルゾ!」という気がガンガン湧いてくるね。
みずほよ、疎開資料は何処に(笑)

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

アーカイブ

ページ上部へ戻る