合格・その2

H君が最後の授業に、そしてとお母さんがお礼に来塾。
私は見てないが、H君が育真館に入ると、担当の小川・大塚先生
そして高校の部の面々が、万歳三唱をしたそうな。
私は9時前に新年度の方針を生徒に話すために
至誠館から育真館に移動。
話が終わって、しばらくしてお母さんが迎えに来た。
握手をして、しばらく話をした。
お母さんはやはり言った。
「中村さんのDVDを見させてもらって、うちの子本当に変わりました。
 それまでは本当に苦労しました。泣いたことも何度もありました。」
入塾生には必須としている中村文昭氏のDVD鑑賞会。
しっかり見て、何かをつかむ子もいれば、一部寝る子もいる。
私の話をしっかり聞く子もいれば、一部聞いてない子もいる。
見ない子・聞かない子がどんな子か、今では解る。
どんな環境で育ったのか、親をどう思っているのか、
大体解るようになった。
どうすれば、その一部の子にならないか、
知りたい方は、4月29日名古屋で開催する
日本青少年育成協会・東海ブロック主催
ワークショップ(参加型体験講座)へどうぞ。
名古屋ワークショップgakushisha ).pdf

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る