• 2012.12.6
  • 困ってしまった はコメントを受け付けていません。

困ってしまった

今日、名古屋へ食事会に行った。
私の師匠が主催する会。
普段昼に外食するとき、1000円以上のものを
食べることが無い私にとって、この食事会は楽しみ。
本日はニュージランド¥料理。
食事は進みメインの鶉の丸焼き。
出てきた瞬間思った。
「これはヤバイぞ!」
ウズラ_14267418.jpg
こんな感じで出てきたのである。
私の脳裏には、鶉が生きているときの姿が浮かんだ。
一羽で2人分なので切ってもらい、半身が私の皿に。
内臓が取り除かれ、中は味付けしたご飯が詰まっていた。
私はそれを4分割した。
そしてフォークですくって口に入れた瞬間戻しそうになった。
すんでのところで我慢して飲み込んだ。
以降、横についていた茸しか口に入らないのである。
本当に困ってしまった。
もどしそうになるなんて、小学校の給食以来何十年ぶりだ?
ひじき、煮豆、つみれの3つが小学生の頃私を苦しめた。
そのうちの2つ、ひじきと煮豆は今では逆に好物になっているが。
なんでうずらがダメだったのか?
最初から、切ったものが出てきていたら、
形が無いものが出ていたらきっと食べられたと思う。
過日も、PCでメールチェックをしながら、メルマガを見ていたら、
福井の民宿だったか「アワビの残酷焼き」とかが載っていた。
アワビは好きだが、目の前で生きているアワビを焼かれたら
今の私には食べられる自信が無い。
私はある団体の釣りクラブの幹事をやっている。
というか、私が作ったクラブである。
ところが、4,5年前から釣に行くのに気が進まなくなってしまった。
つまるところ、殺生をしたくなくなった?
昨年、うちの子供たちの中で唯一魚釣りに連れて行ってない
下のおチビをつれて、日本海で釣りをした。
えさのゴカイを針につけるとき、
ゴカイは口をあけてあごを出して抵抗する。
そのとき心で謝って針に刺した。「ゴメンなさい」
もちろん釣った魚はリリース。
なんか、40後半から自分が変わってしまった。
命というもの考えてしまうのかな。
話がそれてきたような気もするが、
とにかく、私はウズラが食べられなくなり、
どうしたものか困ってしまったのである。
私の前に座っていた師匠が「さげてもらおうか」と言ってくれた。
本当に申し訳ない気持ちで一杯になった。
好き嫌いで食べられなくなったわけではないが・・・。
いったいどうなってしまったんだろう?

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

アーカイブ

ページ上部へ戻る