• 2012.8.23
  • 夏の甲子園2012 はコメントを受け付けていません。

夏の甲子園2012

春に続き大阪桐蔭VS光星学院となった。
結果は春と同様、桐蔭の連覇達成。
OSK201204040092.jpg
昨夜の某局のニュースではキャスターが
「史上初の春夏同一カードで非常に楽しみ」
とか言っていたが、私には???
何が楽しみなんだろうね。
昨夏も書いたが、光星学院のレギュラーは
何処の県から来たのか?
今年の高校野球は結果、春・夏とも大阪ドームで
大阪の頂上決戦をやればよかったんだよな!?
ネットを見れば、私のような考えに対して
「3年間、親元を離れ、その地で厳しい練習に耐え頑張っているのだから、
立派な県代表であり批判すべきではない」
と論陣を張るものもある。
私にはさっぱり理解できない。
そんな事を言ってたら、オリンピックの女子卓球のように
中国の選手が世界に散らばり、黄色の顔の戦いばかりになるよな。
八戸市民は、光星学院の活躍を、白けてみているとの事。
それはそうだろう。
ベンチでは、当地の言葉である南部弁が一切聞かれず
監督以下、関西弁ではね・・・。
地元民がそんな状態では、何の言い訳も出来ないだろう。
私立校の売名行為と、甲子園にどうしても出たいと言う
野球小僧の利害が一致して、こういう事態が生まれた。
私はやはり、ラグビーの外人枠のように
ある程度制限が必要なのではないかと思っているが。
さて、皆さんはどう思われたかな?
20120823-00000524-sanspo-000-3-view.jpg
春は光星学院に打ち込まれ、打線に助けられての優勝だったが
今回の藤浪君、準決勝、決勝とお見事でした。
今回の出場49校中、公立高校は14校。
中・四国、九州地区は17校中、9校と過半数を占める。
東北北海道は8校中1校。
関東甲信越は14校中1校。
東海、4校中2校。
近畿6校中1校。
この数字を見ると、午後から野球のみに時間を取れ
充実した設備の元、夜遅くまでできる私立校と
夕方まで授業があり、時間・設備にハンデがある公立校とでは、
大会を別にする必要がありそうな気もするな。
ま、出来るはずも無く冗談であるが・・・、
だから、どうしても公立高校を応援したくなる。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

アーカイブ

ページ上部へ戻る