• 2008.8.28
  • 夏プロ2008終了 はコメントを受け付けていません。

夏プロ2008終了

昨日でSummer Project2008が終わった。
学志舎の夏プロでは5年生以上は自分で計画を立てる。
そしてそれを粛々とこなす。
かつては生徒に夏期講習用のテキストを渡していた時期もあった。
しかし、「子供の自立」を目指すからは、やはり自分で考える、
そして実行する、と言うことが大切だと思い、今の形態に至った。
学志舎で言う「学力」とは成績ではない。
読んで字のごとく「まなぶちから」
すなわち自分にとって必要な技能・技術・情報などを
自分で取得し、実行できる力。
言い換えれば「生きるちから」ともいえよう。
これからの時代を生きる子供達には、この力が絶対に必要だと思う。
高度成長時代は与えられたものを、忠実にこなす能力さえあればよかった。
しかしこの21世紀の責任時代では、それではなんともならない。
指示待ち人間ではダメだと言うこと。
自分で考えて実行し、チェックをしてまたアクションを起こす。
少々の失敗は構わない。
いや逆に小さな失敗をして、それを修正できる訓練をつんで欲しい。
用意された、敷かれたレールの上を走り続けたような人間では、
失敗したときの修正さえおぼつかないだろう。
2:8の法則の2割に入る人間になるならば、
この時期からPDCA(plan/do/check/action)
をすることは当たり前のことである。
それを塾で教えることも当たり前であると思う。
とにかく今年も夏が終わった。
生徒のみんな~熱い熱い夏を、ありがとう!

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る