夏休み

こんにちは。
今年の夏休みは自主トレと部活と勉強でほとんど埋まっている山下です。
というのも、夏休み中に西医体という大会があって、
自分がレギュラーとして、
また、自分がキャプテンとして迎える最大の大会であったこと、
勉強に関しては、
夏休み直後にCBTという病院実習に行くために絶対受けなければならないテストがあるということ、
これらがあるので、この夏は勉強とバドミントンばかりやっています。
さて、お盆に西医体がありました。
このために、普段の部活に加えて、
暑い中ランニングしたり、
筋トレを習慣的にやったりしました。
なかなか心折れそうになったりしましたが、
自分なりに精一杯やりました。
しかし、結果はというと、
あまり普段の力を発揮できないまま、
団体戦は初戦で敗れ、
個人戦も4回戦で負けてしまいました。
ですが、結果としては残念なものになってしまいましたが、全然後悔はしませんでした。
なぜかというと、
結果が出なくても、本番で思った通りにプレーできなくても、
大会までに自分のやれるだけのことはやってきたのだから、
その上での結果なら後悔はしないんだと思いました。
つまりは努力した過程が大事なんだと思いました。
それじゃあ本末転倒じゃないかと思うかもしれませんが、
自分としては努力しても結果は出ないかもしれないけど、
結果を出すには努力しなければならないと思います。
というわけで、何か努力するきっかけをつかんでもらえればと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

アーカイブ

ページ上部へ戻る