• 2007.11.2
  • 岡山からのお客さん はコメントを受け付けていません。

岡山からのお客さん

昨日、岡山県からはるばるやってきた、
「ツキを呼ぶ魔法の言葉」を私に教えてくれた
大井伸学ゼミナ→ルの串田先生。
ゼミナ→ルの「」は正しく、間違っていない。
年は私より一つ年下だが、
私は串田先生のことを「師」と思っている。

串田先生.JPG
      
夕方、育真館にて

朝9時半に岐阜駅へ出迎えに、
夜7時10分の電車に先生が乗るまで
私は串田ワールドに、どっぷりと漬かっていた。
私も3年前に串田先生の塾を訪問した事がある。
寄ってもらう事はうれしいことである。
先生の話は、全てがす~っと入ってくる。
串田先生の人柄なんだろうな。
「21世紀の教育を考える塾の会」に入って
多くの遠くの先生方と情報交換をする機会が得られた。
北は北海道から、南は九州まで。
毎月ニュースレターなどいろいろなものを
送ってもらっている。
私も岐阜からもっともっと発信しなくては。
「21世紀の・・・会」に入って何度も言われることは、
年から年中、毎日が塾と家の往復になってはいけない。
そこには何も新しいものは生まれてこない。
休みを取って、またいろいろなところに出かけて、
またリフレッシュして、生徒の為になることを
考え実践していかなくてはならないと。
今年も残すところ2ヶ月。
私は岐阜を出て、2つの塾を訪問する予定である。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る