布団と思い込み

こんにちは、鈴木です。
急に肌寒くなったこの頃、周りでも体調を崩す人がちらほらと出てきました。
布団から出るのが嫌になるので私は冬という季節が本当に苦手なのですが、生徒達に聞いてみると夏の方が嫌いだという子の方が多いようで、布団の誘惑に勝てるとはなんと精神力の強い…︎と1人恐れ慄くばかりです。
布団といえば、先日見た番組の中でその使い方を紹介していたのですが、本当の被り方は『布団の上に毛布をかける』だそうです。これには驚き、「正しい使い方を知らないまま寝ていたとは…︎どうりで抜け出せないわけだ」と1人勝手に納得していました。
20年近く生きてきたにも関わらず、布団の被り方を正しく分かっていなかった事実は衝撃でした。
そして同時に、自分が正しいと思い込んでいるものは、なかなかその間違いに気付けないことも思い知らされました。
学習にしてもきっと同じことです。本当の実力がつかない勉強をしていても、生徒がこのやり方で正しいと思い込んでいればその子が間違いに気付いて改善するのは至難の技でしょう。
そんな生徒がいたらそっとアドバイスを与え、その子が今の自分に必要な学習は何なのか見つめ直す手助けが出来る、そんなコーチでありたいと思った一件でした。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る