• 2014.8.16
  • コメントは受け付けていません。

帰省①「アンビリーバブル」

10日、東広島を出発。
高速に乗り、佐賀の吉野ヶ里遺跡を目指す。
10:05、宮島SA手前でメールが入る。
運転しながらメールをチョイ見。
翌日の長崎で予定している「軍艦島ツアー」
の会社からのお知らせ。
以下、画面に見えた文面。
山田 勝登様
軍艦島コンシェルジュ【軍艦島
上陸ツアー予約受付サイト】に
てご予約いただいております
出航日時が近くなりましたので
、自動事前確認メールをお送り
致します。
【集合時間】
出航時刻のそれぞれ40分前に
集合です。
午前便:10:00集合。10
何、出航時間が近づいている?
ツアーは明日じゃないか。
もしかして、日にちを間違えたか?
急遽宮島SAに入り、画面をスクロールして
続きの文面を確かめる。
:40出航。
午後便:13:20集合。14
:00出航。
【注意事項】
集合場所は長崎港大波止ターミ
ナルではなく、常盤(ときわ)
ターミナルです。
路面電車停留所、「大浦海岸通
り」の港側、常盤ターミナル1
Fとなります。
詳しくはホームページ、地図・
アクセスのセクションを確認し
て下さい。
下記内容にて、ご予約を承って
おります
——————————
<予約情報>
■予約番号:51730
■出航日:2014年08月11日(月)
■出航時間:10:40
■出航場所:長崎港、常盤桟橋
■会社名・団体名:
■支払い方法:クレジット決済
■ご要望・お問合わせ
ここまで読んで
ちゃんと翌日(11日)の予約になっていることを確認。
一日前にびっくりさせるメールを送って来るな、
と思いながらも、とりあえずトイレに行く。
その時助手席の次女、後部座席の次男、事務長は寝ていた。
トイレから戻り、すぐに車を出す。
それは広島県と山口県の県境あたりだった。
今度は電話の着信音。
携帯を取って画面を見ると「公子(事務長)」???
スライドして出ようとすると切れた。
隣で寝ていた次女に
「なんでお母さんからなんだ?」
刹那、次女の携帯が鳴り出す。
「は~い・・・え~っ、
 パパ、お母さんと崇太を置いてきたみたい」
「はっ?」
ルームミラーを覗く・・・「うわっ!」
なんと、宮島SAで車を降りるときには
後部座席で寝ていた二人は車から出ていたのであった。
岩国ICで降りて即Uターン。
次女はげらげら笑って
「山田家のLINEに流そう~っと!」
ほどなく
「パパ、お兄ちゃんがね、
 バス会社なら即刻首だって!」
五日市ICまで戻りUターン。
そして宮島SAへ。
事務長は芝生の講演のところで待っていた。
そして車に乗り込むやいなや
「信じれ~ん」
思い込みは恐ろしい。
寝ていたはずだということで、
後部座席を全く見てなかった。
以降、SA・PAに停まるたびに
「人員点呼、1,2,3,4。しゅっぱ~つ!」

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る