• 2008.8.18
  • 帰省2008その3 はコメントを受け付けていません。

帰省2008その3

12日の朝10時にホテルを出る。
すると車の調子がおかしい。
エンジンマークの黄色い警告等が点灯して、
アクセルを踏んでも出力が上がらない。
20キロくらいのノロノロ運転しかできないのだ。
これでは高速は走れない。
三菱自動車に電話をして連絡を待つ。
しばらくして、徳山三菱から電話があった。
電話を待っている間に、故障が治った。
しかし、不安なので徳山三菱に行き、
事情を話して診てもらった。
応急処置をしてもらい、一路長崎県へ向かう。
五日市剛さんの講演会に行ったことのある人なら
多分ご存知の、長崎県は川棚駅前にある喫茶アンデルセン。
不思議なマスターの超能力?マジック?
アンデルセン1.JPG
窓にはマジックパーラーと。
入り口には四次元パーラーと。
アンデルセン2.JPG
4時前に着いたが、入れ替えで出てきた人が
「あれは本当にマジックなのか、超能力なのか??」
と話していたのが聞こえた。
いやがおうにも期待が高まる。
隣に食堂があるのだが、面白い名前だったので写真を撮る。
あんまり.JPG
貼紙があり、しばらく休業するとのこと。
4時半頃に中に入れるようになった。
店の中はお世辞にもきれいとはいえない。
30年前くらいの田舎の喫茶店のようだった。
コーヒーを注文したが、これまたお世辞にも
美味しいとはいえない味。
 アンデルセン3.JPG
6時半すぎにいよいよマスターがカウンターに出てきて
ショー(?)は始まった。
内容は言えないが、サプライズの連続。
マジックなのか、超能力なのか・・・とにかくすごい!
そして、その間にいろいろな話をしてくれるのだが
このトークがまた含蓄のある内容。
印象に残ったのは「ここへ来たのも運命。
何があっても今日来るようになっていた。」
五日市さんの話は本当だった。
2時間の時間があっという間に過ぎた。
もし近くに行くことがあれば、絶対におススメ・・・。
その夜は長崎空港近くに泊まる。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る