• 2011.6.25
  • 挨拶ができないスポ少 はコメントを受け付けていません。

挨拶ができないスポ少

朝、スポ少の野球に次男を送っていった。
ついでに門のところで立っていた。
次から次から子どもたちがやってくる。
しかし・・・私を見ても誰一人「おはようございます」の声が出ない。
私が、大きな声で「おはよう!」と言ってはじめて
情けない声で「おはようございます」
お母さん方に挨拶する子どももいない。
お母さん方にも「おはよう」と言われて初めて返すのみ。
唯一小さな男の子、2年生くらいかな、が私に小さな声で挨拶をした。
知り合いのお母さんがいたので「挨拶ができないですね~」
「そうなんですよね」
9年前の長男が野球をやってた頃は全く違っていた。
南門から入っていくと、東門辺りから
「こんにちは!!!」
周りを見ると私しかいない。
もしかしてこんな遠くの私にいったのかな?と自分を指差すと
「は~いそうです!!!」と元気な声。
いったいどうなっちまったんだろう?
コーチのMさんが近くへ来たので、そのことを話した。
「そうですか、それはいかんですね。挨拶するように徹底しましょう!」
そういう返事が返ってくると思いきや、
「私はお手伝いのコーチなので・・・一般の人にできないんですか?」
と、まるで他人事のような答えが・・・。
私は言った。
「別に責めているわけでもなく、長男のときと全く違うんですよ。
技術以前に、挨拶ができないチームって、まず勝てないでしょう?
というか、挨拶ができないって、それ以前の問題でしょう」
帰宅後、事務長にそのことを話すと
「朝の旗当番のときでも、今の子どもたち挨拶ができないわよ。
おはようって言っても、まともに返事が返ってこないことが多いね。」
ん~、いったいどうしたんだろう?
次男がこの3月まで通ってた、聖徳保育園の園児の方ができていたぞ!

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

アーカイブ

ページ上部へ戻る