教育者の魂

こんばんは、西野です^^
あっという間に三月!高校生は後期試験、中学生はいよいよ高校入試ですね!
さて、私事ですが、この三月をもって6年間お世話になった学志舎を卒業することになりました。
四月からは薬剤師として社会に出ます(^^)
6年間、学志舎から学んだこと。
本当に本当にたくさんあります。
なんとか、私の学びを皆さんに伝えたく思いましたので、頑張って下記3点にまとめてみました。
①全ては自分の思い次第
例えば、コップに半分入ったお水。
半分しか入っていないのか?
半分も入っているのか?
同じ出来事、物事でも捉え方によって、私たちは幸せにも悲しくもなれます。
まず、自分はどう思うのか?どうしていきたいのか?そうするために、何をすれば良いのか?
まずは己との会話し、そして、周りに伝えます。
本気であれば自分の思いは周りを動かし、時にはヒントをくれるでしょう。
あとは、己の行動次第。
②教育は国を変える
二年前に講演にいらして下さった香葉村先生の言葉です。
これは決して大袈裟な表現ではなく、言葉の通りであると実感したのは、私も最近のことです。
人は誰しも成長願望があります。
どんな思いで育てていくか?
その教育者の魂こそが、人の心を震えさせ、輝かせます。
③自律こそが充実感をもたらす!
「誰かに守ってもらうこと」「尽くしてもらうこと」そこから得られる幸せ感ってありますよね。
しかし、「自分のことが自分でできる」「周りに喜んでもらえる自分になる」という充実感は何ものにも代えがたいと思います。
学志舎のモットーは自律学習。
そう、自分の意思でやり遂げられる力を身につけてもらうこと。これって、子供達(私も含め)にとって、大人が与えられる最強のプレゼントであり、それこそが愛情なのだと思います。
他にもたくさんあるけど、
ギュッと絞ってこんな感じでしょうか!
出会いは宝物。
出会いや思い出って、何か形が残るわけではありませんが、きっと一人一人の胸の中に光となって知らないうちに輝かせているのだと思います。
学志舎を通して、たくさんの光に出会い、そして、私の中から色んな思いが湧いてきました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
文を書くのが好きな私は、毎月このブログの更新を楽しみにしていました(^^)
長らくお読み頂きありがとうございました!
学志舎は卒業しますが、またどこかで顔を見たら声をかけてくださいね♪
感謝の気持ちを込めて、西野でした(^o^)

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る