• 2010.6.3
  • 日本のトップ はコメントを受け付けていません。

日本のトップ

鳩山さんが辞任した。
時間の問題だと思っていたので、驚きはなかった。
やはり、地球のことを知らない宇宙人に、は無理だったか?
ましてや日本のことを知る由もない。
しかし何だ、こんなにめまぐるしくトップが変わる国は他にあるのか?
まともな政治ができるわけがない。
中・高生も歴史で、歴代総理大臣を覚えるのに一苦労だろう(笑)
本当は笑っている場合ではない。
次は菅さんか樽床さん?
樽床さんはまったく分からない、未知数である。
本当はできれば、先進諸国の大統領と同じ年くらいのトップがよい。
他国の大統領のように、1期4年、できがよければ2期8年。
還暦のころ仕事が終わる・・・ようになればと思う。
J.Fケネディは43歳で、大方の予想を裏切って
ニクソンを破り35代米国大統領に就任した。
就任演説など、ここ最近のお仕事を途中放棄の
2世、3世の日本の首相など足元にも及ばない
崇高でエネルギッシュなものだった。
若い力を、ベテランが縁の下の力持ちで支える構図がよいと思う。
これから、政界再編製の第2幕、そして3幕あたりで落ち着くのか?
本物の政治家だけが残り、どうしようもない政治屋が選挙で
きれいに掃除される日が来ることを願う。
ちなみに米軍基地の問題は、沖縄の人たちには気の毒だが、
現状ではどうしようもない。
県外移転、国外移転など最初から出来ないことはわかっていた。
今、中国の四川省のミサイルは、どれだけ日本に向いているのか?
なんともならない北朝鮮の状況を考えろ。
万一の危機管理を考えたとき、
米軍基地が沖縄になければ、なんともならない。
国外なんてもってのほかである。
有事の際にグァムから米軍機がくるのにどのくらいの時間がかかるのか?
考えれば子どもだって分かることである。
国益を考えれば、国民の生命を守るためには仕方のないことである。
平和ボケした与党を離脱したどこかの党は、
必然的に歴史からその姿を消していくだろう。
参院選挙で第2幕が上がることを期待する。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る