• 2010.2.5
  • 朝青龍の引退 はコメントを受け付けていません。

朝青龍の引退

今さら何だ?と言いたい。
引退させるならもっと早くするべきである。
ただし、今の大相撲が神聖なる国技であるならば。
私はこのブログで何回か言ってきた。
今の大相撲は「スモーショー」だと。
かつて八百長相撲に染まった親方連中。
朝青龍の言動など誰も非難できないだろう。
それが出来るのは貴乃花を中心とした
一部のガチンコ相撲をとっていた改革派の親方達のみ。
理事選など、見れば一目瞭然。
旧態然とした組織が、締め付け?
貴乃花親方が改革の内容など言えば
つぶされるに決まっているではないか。
マスコミのインタビューの稚拙さにも辟易した。
スモーショーであるならば、
ヒール役の朝青龍は無くてはならない存在。
すき放題させておいて、今さら何なの???
私は彼に同情する。
責められないといけないのは
前理事長以下の理事、そして横審の面々。(内館氏は除く)
A級戦犯はもちろん高砂親方。
こんな体質の相撲協会が政界と同じように
・・・若い芽が伸びるのを押さえないとよいのだが。
ふと、高校時代初めて深夜放送で、
大学入学後の5月、学生会館で100円で見た
映画「いちご白書」の最後の場面と
エンディングの「サークルゲーム」のメロディーがなぜか頭に浮かぶ。
腐敗に対する学生達の最後の無言の抵抗に容赦なく振り下ろされる・・・。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る