• 2014.9.4
  • コメントは受け付けていません。

横断歩道を渡りなさい!

一昨日9時過ぎに、事務長と4㎞のウォーキング&ジョグへ。
自宅から本町、川原町から長良川の左岸を忠節で折り返すコース。
出発して5分、本町1丁目と2丁目の信号の中間地点で
左右からの車がいないのを確認して横断。
直後、後ろから
「横断歩道を渡りなさい!」
横を自転車で70才くらいのおじいちゃんが通り過ぎる。
二人、キョトンとしていると
後ろを向きに「わかった?」とダメ押し。
事務長は「は~い」と答えたが
私はなんとなく納得がいかず黙っていた。
確かに本町の通りは片側2車線の広い通り。
横断していいのか悪いのか、帰ってネットで調べてみる。
横断.jpg
この標識があると横断してはいけない。
ない所なら信号から30m以上離れていれば
判決ではお咎めはないらしい。
標識は・・・なかった。
距離は・・・信号間は60m以上はゆうにあるであろう。
よって横断によって注意されることはない、の結果。
しかし、今朝同じコースをウォーキング&ジョグにいったときに
ほんの少し遠回りになるが、横断歩道を渡った。
おじいちゃん、そういう法的なことは知らねど、
感覚的によくないと注意してくれたんだから、
ありがたいと思って、今朝は横断歩道を渡りましたな。
こういう人が昔はよくいたもんだ。
いい意味のおせっかいなんだろうな。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る