• 2015.1.12
  • コメントは受け付けていません。

次女の成人式

昨日は次女の成人式。
朝5時に事務長の目覚ましがなる。
髪結い?と着付けの予約が5時半らしい。
着付けをしてもらって帰ってきた娘と写真を撮る。
seijinnsiki.jpg
長男、長女の時は伊奈波神社での成人式を事務長と見たが、
昨日は事務長と次女を車で参集殿へ送った後、
塾の勉強会のため大阪へと急ぐ。
朝から何も食べてないので、勉強会の途中、夕刻には腹が鳴る。
休憩時間に次女からメールで送られた写真を見せながら
これこれしかじか、で朝から何も食べてないのでお腹がなって・・・。
講師のSさん真面目な顔で
「山田さん、右の女性はお姉さんですか?」
「家内です。50ですよ。擦りすぎて煙が充満しますよ・・・。」
で大笑い。
私は成人式に出てない。
私だけ案内状が来なかったのである。
当時私の田舎では、簡素化?華美にしないということで?
成人式をお盆に行っていた。
なぜだか今でも分からない。
記憶では、成人式の為に京都から田舎に住民票を移したはずだった。
田舎でも、京都でも案内状は来なかった。
今なら、案内状が来ない!どうなってるんだ!!!
と市役所にどなって電話をかけていただろうが、
当時の私は大人しく、来ないものは仕方がないとすねていた(ウソ)
きっと移動のごたごたで手配ミスをしたのではないかと推測している。
というわけで成人になりきれぬまま齢を重ね、現在に至っている(笑)
振袖姿の次女を見て昔を思い出す。
haruka.jpg
小学校1年生の入学式の日の写真である。
ランドセルの重みで、やもすれば後ろにひっくり返りそうな小さな次女。
私の一番好きな写真。
(PCのデスクトップ favorite photoフォルダーの中にある・私は立派な親バカ)
あれかもう14年がたった。
子供から何も望むものはない。
ただただ幸せな人生を送ってほしい・・・
それは穏やかな人生ではなく、
終焉の折に自分自身で納得のいく人生。
想いはそれだけ。
昨日成人式を迎えた全ての子供たちへ贈る。

「人生は冒険旅行と思うてんねん。

 みんなをアッと驚かせるためには、

 まずわて自身がアッと驚くような冒険をせんとな。

 冒険には危険がつきもんや。

 そやけど怖がってては前には進まれへん。

 どない危ない道でも、どないしんどうても

 前に進まんとアッと驚く景色は見られへん。

    どうせ短い人生、

 思い切り冒険せなおもろうないやろ。」

NHK朝の連続ドラマ「マッサン」
11月12日第39回放映 鴨居の大将の台詞より
b0250444_19065134.jpg
「あっと驚く景色を見れるような人生」を送ってほしいものである。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る