• 2014.1.3
  • コメントは受け付けていません。

永遠の0

「永遠の0」を見に行った。

次男とのお約束。

10時にモレラ当着。

事務長、次女、二男の4人で見る。

ラストシーン、宮部久蔵が、その類稀な飛行技術で

高射砲の弾丸の嵐の中をかいくぐり、米空母に特攻を仕掛けていく。

そして・・・

もう涙が止まらなかった。

原作を知っていたからかもしれないし、

2年前に行った鹿児島の「知覧」、

特攻隊の若者の、あの写真、

遺書がオーバーラップしたからかもしれない。

もうどうにもダメだった。

今のこの豊かな日本があるのは、あの戦争で

命を落とした多くの人々の上に成り立っている。

多くの犠牲を無駄にしてはならないと、

戦後歯を食いしばって、日本の復興の為に働いてきた人々の

努力の上に成り立っている。

冬期講習中、私は「永遠の0」を中学生以上の生徒に

読むことを勧めた。

そして一度は知覧に行ってもらいたいと思っている。

映画・・・やはり原作を読んでいくほうがよいと思う。

映画を見てしまうと、どうしても場面場面が

映画のシーンになってしまう。

特に登場人物などは完全に映画の出演者になってしまう。

脳みそがその活字の情報から、自由に逍遥することを

妨げてしまうのである。

勿論映画は悪くない。

ただ、やはり原作の内容を忠実に反映したものではない。

時間的に無理があるから、それは仕方の無いことではある。

南の海で今なお眠る、特攻で命を落とした若き青年達。

神風特攻隊などという狂気の作戦を実行するようでは

すでに日本の敗戦は分かっていたはずである。

何を思い、片道燃料の「0」に乗り込んでいったのか。

彼らは今の日本を見て何を思うのであろうか?

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る