• 2008.2.2
  • 無駄 はコメントを受け付けていません。

無駄

今週のとある授業が終わった後、
中3の男子生徒が教室に残っていた。
そして私に日本の税金の無駄使いについて質問した。
彼は公民を勉強してから、今の日本の国について
興味を持って色々考えているらしい。
いきなり「皇族を税金で養うことはいかがなものか」と。
あの居住地、生活費、そして、天皇は必要なのか?と。
また、僕はちょっと左かもしれませんが・・・とか。
なかなか小生意気なことを言う。(笑)
でもその真剣な目をみると非常に好感がもてる。
私は思わず苦笑してしまった。
私自身10年前まで同じことを言ってたから・・・。
私はそれについて、明確に応えなかったかな。
というよりも、皇族に関しては昔のように
目くじらを立てて「いらない」とは思わなくなったから。
それよりも、今話題の中心である道路特定財源をめぐる
道路行政、わけのわからない政府開発援助など、
今の日本には多くの無駄がある。
言い方は悪いが、天皇制の是非よりも、
皇族に使われる税金の是非よりも
もっと考えなくてはならない、もっとなくさなければならない
無駄がいっぱいあるから。
天皇陛下は国民の象徴として他国に行き国際親善など
また国内でも何か行事があれば、それなりにやっている。
こういっちゃへんだが、君は天皇陛下になりたいかね?
先生なら真っ平ごめんだ。
外に出ればいつもカメラがついてきて自由が無い。
好きなときにひょいっとコンビニに行って
カップラーメンを買って食べることができるかね?
友人とカラオケにもいつでもいけるかね?
飲み屋に行って、ホステスのお姉ちゃんと
鼻の下を伸ばして話をすることさえ出来ない。
彼の質問の答えにはなっていないのだが、
彼はケラケラ笑って、「そうかもしれませんね。」
また彼は、皇太子妃殿下が入院したときの
庶民と違う贅沢な病院の経費まで私に挙げた。
彼曰く、政治の話とか学校で話す相手がいないらしい。
そしてそういった無駄を今の国民は分かっていないから
それを知らしめる職業につきたいとか。
政治家になったら?と言うと
政治家はまともな仕事をしてないし、
いいイメージではないからダメらしい。(笑)
私は、よいイメージがないのは今の政界は
金に群がる口先だけの政治がいるためであって、
頑張っている本物の政治家もいるんだし、
そんな政治家ならいいんじゃないか、と言ったのだが・・・。
そして彼なりに考えて報道関係に進みたいと。
私はそれも悪くはないが、局アナになっても自由に物は言えない。
評論家とか独立したキャスターにならないと・・・。
私が最後に彼に言った事は、
「先生も君と同じで、日本の政治を考えると腹が立つ。
いっぺんにそれを多くの人に分かってもらおうと考えると
なかなか大変だ。
別にそのための特別何かの職に就く必要も無いかもしれない。
先生が期末特別授業で時事問題を生徒に解説しているが、
全員が分かってくれるとは思わない。
先生の意見が全て正しいとも限らないし。
10人中、2,3人でも『塾長の言うとおりだ』
と思ってくれればそれでいいと思っている。
その生徒達がまた先生の思いを、周りの人間に
同じように10人に言って、その中の2,3人が・・・。
というように、先生自身は小さな小石のようなものだけど、
水面に投げ入れると、その波紋は大きく広がる可能性がある。
そういうふうになればと思って君たちとも話しをしている。
彼は「そういう考え方もあるんですね」と妙に納得してくれた。
彼と話をしていたら、あっという間に50分近くが過ぎていた。
中3レベルで学校に政治経済について
話す相手がいない?そうかもしれない。
私が中学校のとき、公民を習ってもテストのためだけの
言葉覚えだけをしていたように思う。
公民を教える先生方には、子供達が興味を持つような
生きた話をしてぜひして欲しいと思う。
私は子供達に言う。
私の話全てが正しいとは限らない。
新聞でさえミスリードする。
大切なことは、いろいろな情報を得て
自分なりに考えること。
分からないことがあれば親に聞くこと。
そして、自分なりの考えを持ち、
自分なりのアクションを起こすこと。
彼のように、我国のことを真剣に考える若者が
今後増えるといいね~。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る