• 2007.9.13
  • 総理辞任より はコメントを受け付けていません。

総理辞任より

突然の辞任だった。ビックリした。
遅かれ早かれ辞めるのはわかっていても、
このタイミングは理解不能???
昨夜息子は私に「絶対に裏に何かある。
そうでないとおかしくない?」と言っていたが・・・。
確かに辞任のタイミングとしては全くおかしい。
我々の想像を絶する仕事の内容であることは
分かりきっている。
しかし、一国のトップである総理として考えたときに、
その職責を考えれば考えるほど、今回の辞任は
何を言われても同情の余地はないだろう。
今朝のワイドショーで、議員の先生方に「今の心境は?」
と言うことで、色紙に書いてもらっていたが、
民主党の河村氏はいつもの調子で名古屋弁で
「ま~2世議員は・・・」と皮肉って書いたのが
「ボンボン」
こういう時にこそ、その人間の真価が現れる。
与党議員が何を書くのかが興味津々だった。
ま、普通に「驚き」をテーマに書いた
先生方が多かった中で、
河野太郎氏ともう一人誰だったか
国民のみなさん、ごめんなさい
総理は自民党総裁である。
その総裁を決めた自民党の一員として
国民に即座に謝ることができる、
そういう考えにいたれる、
こういう先生方は本物ではないかと思った。
思考の視点がどこを向いているかである。
津島派の津島会長など川柳調で書いていた。
ま~彼らはそんなもんだろう。
国民のことより、今後の総裁選、
自分の派閥のことで頭が一杯だから。
2世議員のお粗末なことは、このブログでも書いたが、
いつも言うように全員がそうではない。
そういう人種が多いということである。
河野氏のTVでの発言は、私のような庶民の目からして
いつもまともで誠実である。
一つには「逃げない」ということ。
偉い先生方の特徴として、自分の分からないこと、
不利な質問には、90度くらい方向が違う、
しかしながら、常識としてまともな答えが返ってくる。
簡単に言えば、その質問にはまともに応えないで、
常識論、あたりまえの話にすりかえ逃げる。
論点を途中から上手く(いや、聞いてリャ誰でもわかるが)変えていく。
河野氏はその点、かなり愚直に応える事が多い。
こういう先生ならば、信用できる。
普通に考えて、2・3世のボンボンに庶民の生活が
分かるはずもないではないか。
チラシを見て、値打ちなものを求めて
スーパーに買い物に行く主婦の気持が、
年金に頼って生活しているお年寄りの心境が、
その暮らしが分かるはずもない。
それはもちろん、数億円の相続税を
払うような身分としては、無理もないことではあるが、
国民の暮らしを本気で分かろうとする姿勢があるのか、
それとも上べだけのポーズなのか・・・。
とっさのコメントにその人間の
本来の姿、真価を見たような気がした。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る