自由

こんばんは。西野です。
気がつけば、9月も終盤・・
9月といえば、私が学志舎で御世話になって丸4年たちましたわーい(嬉しい顔)
コーチ証の顔写真が「詐欺だ!」「違う人みたい!」と生徒にいわれる今日この頃・・(笑)
4年前っていうと、わたくしは10代ですもの?
こうやって年を重ねていくのだなぁ、としみじみしてしまう、23歳の秋。
大学生活も残り1年半となりました。
学志舎でのコーチとしての活動も残り1年あまりでしょうか?
今まで、吸収してきたことを生徒や保護者の方々に還元できるよう、
精一杯勤めていきたいと思います。
宜しくお願いします。
さて、話は変わります。
最近の西野が考えていること。
それは、「自由とは何だ?」ということ(笑)
ここ最近、
「自由だね」「怖いもの知らずだね」「自由でうらやましいね」
「マイペースだね」「一人っ子?(本当は2人姉妹)」「B型?(本当はA型)」
といわれます。。(褒め言葉として受け取っています(^^;)
自由?freedom?(0_0)
何が自由なんだろう?
思わず、Wikipediaで検索してしまいました。
自由(じゆう、英: freedom, liberty)とは、他のものから拘束・支配を受けないで、自己自身の本性に従うことをいう。哲学用語。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%94%B1

ふむ。
確かに、私は一人暮らしだし、
興味あるとすぐひらひら飛んで行ってしまうタイプだから、そう見えるかもしれないなぁー(笑)
でも、「他のものからの拘束や支配」って何なんでしょう??
お金?家族?権力?
・・・・
・・・
それから色んな本を読んでみて、私なりの結論に達しました。
本当の自由とは、
「何もなくても生きていけること」ではないか?
ということです。
例えば、チョコレート。
チョコを食べないと、勉強できない!とか、やる気がでない!
という状況では、
心はチョコに支配されています。
心がチョコレートからは自由にならないのです。
本当は、なくったって生きていけるけれども、
自分の心がチョコに依存しているということ、
と私は認識しています。
決して、悪いことではないと思うけれど、
「何かに執着する」とは、
「その何かから自由を奪われる」と同義だと認識するようになりました。
住まいだって、
月に10万円の家賃のマンションに住む人と
野宿で生活している人、どちらが自由か?と聞かれれば、私は後者だと思います。
野宿の人は、「自分の部屋」という存在から自由になっているわけです。
病気になっても、
「私は病気・・・・」ということで頭がいっぱいになってしまう人と、
重い病でも、常に笑顔で周りを明るくしてしまう方もみえます。
どちらが自由か?
かといって、私がチョコレート食べなくなるとか、野宿を始めるとか、
そういうわけではないです。
それぞれ素敵なものはあると思います。
チョコレートも10万円のマンションもぴかぴか(新しい)
執着せず、今あるものに心から感謝できる心。
それが自由なのではないでしょうか。
(これらは豊かな国だからいえる面もあります。発展途上国では、選択する自由もなく圧力や差別で飢えて苦しんでいる方もたくさんいらっしゃることと思います・・・)
そう考えると、
私は全然自由人ではない未熟者なのですが・・・。。
ただ、あらゆるものから自由になりたくて、
まずは部屋の掃除を始めました!(笑)
家にたくさんあった、
「読まなくなったのに、なんとなくとっておいた本」
「着なくなった服・くつ」
「よまなくなったメールや手紙」
を手放し、それらから自由になるという試みをしました!!(笑)
掃除をすると、自分の心を向き合います。
今まで無意識にじぶんが何に執着していたか?
何から自由を奪われていたか?
よく分かりました(笑)
自由は、自分の心が決める
そう思います。
というおはなし。
ちゃんちゃんるんるん
今日の記事、秋の夜長に書いてしまいましたので、意味不明でしたらごめんなさい・・・
これでもっ!わたしなりに一生懸命書きましたです><(笑)
では、学問の秋を一緒にエンジョイしましょう~

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る