• 2014.2.14
  • コメントは受け付けていません。

英語の導入研修

ここ数年小学生の保護者の方から言われていた。

「英語はやらないんですか?」

事務長からも「どうするのよ」

と言われ続けてきた。

小学校での英語の授業が始まる前、

そう数年前から、塾関係のセミナーに出ると必ず

「小学生の集客の為には英語をやるべきだ」

と言われ続けてきた。

私もその必要性を感じてないわけではなかった。

英検の授業とか、いろいろ言われてはきた。

しかし、英検取得の授業にいろんな意味で疑問を感じていた。

学校英語を含めて、使える英語であるのか?

①I have no idea. アイデアがないんだ

②I can't wait!    私は待てません。

③No,not really? 本当のことではないです。

④Come again?  また来る?

⑤I'm OK.  バッチリだよ。

⑥Not too Bad. 悪すぎるということはない。

これはこれで正解になるのである。

① さっぱりわからないよ

②楽しみだよ!

③それほどでもないよ

④もう一度言ってくれる?

⑤まあまあだよ

⑥まあまあだよ

これがネイティブ感覚の英語。

さらに言うと、我々が学校で習った

What is your name?

My name is Taro Yamada.

は、英米人にはこう言う感覚で聞こえるらしい。

     social_a23.png

「あなたのお名前は何でござるか?」

「私は山田太郎と申す者でござる」

現在使わないではないが、

じいちゃん、ばあちゃん世代の会話らしい。

通常使われるのはもちろん

May I have your name?

I'm Taro Yamada.

さらに現在、社会に出て役に立つのは

「TOEIC」であり「TOEFL」である。

特に、現在の中一以下の世代はセンター試験がなくなる。

大学の合格判定の基準に考慮されるのは

「TOEIC」は間違いないであろうと予想する。

実は10年前まで、ネイティブスピーカーの英会話をやっていた。

13年前、某英会話のFCの説明会に出た。

そして信じられないような話を聞いた。

「親がお金を出しくれなくてもおじいちゃんおばあちゃんが・・・」

「How is the weather today?」

の問いに1年もすれば

「It's sunny」なんて答えることはできますよ。

そんなのをおじいちゃんおばあちゃんが聞くと

うちの孫は英語がしゃべれるようになった、と喜ぶんですよ。

さらに営業のお偉いさんに聞いた。

「一週間に一度の授業で本当に日常会話が

できるようになるもんですか?」

「できるわけないじゃないですか。

1年でも向こうに行かすのが一番ですよ。」

そこのFCに加盟するのは即座に辞めた。

そして別のFCで始めたのだが・・・やはり

1週間で一度の授業では駄目だと実感した。

そして私は英会話をやめた。

この数年間、何か良いものはないかと探してはいた。

しかし、これはというものがなかった。

今回やっと、これならやっていけるというものが見つかった。

岐阜では学志舎だけである。

言葉が解かるようになる基本は何か?

を考えた時、

reading,writing,listening,speaking

英語4技能の土台ができるようなものを考えた時、

これならいける、というものがやっとね。

昨日午後からずっと研修会。

4月からいよいよ開講。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る