• 2007.5.8
  • 英駿コース特別イベント はコメントを受け付けていません。

英駿コース特別イベント

英駿コースは特別なクラスである。
変ったイベントを実施するが、
今回は「大人との話」というか
将来を見据えての、成功者との質疑応答。
第一回は昨日、S税理士の事務所を訪れた。
 コピー ~ CIMG1919.JPG

S先生と楽しく話をする生徒

まずは自己紹介から。
そして生徒が調べてきた「税理士とは?」に対して、
先生が税理士の仕事、社会的役割など詳しく応答。

その後はフリーディスカッション。
最初は少々緊張していた生徒も、先生の
ウィット溢れる話にいつもの調子が出てきた。
東長良小6年S君からの数々の「爆弾質問」
・先生のお客さんはどのくらい?
・先生の年収はどのくらい?
等などに爆笑しながら楽しいひと時になった。
S君「先生は今、何が一番したいですか?」
先生「どこかのリゾートへ1ヶ月くらい行って
   ボーっとできればいいんだけど・・・無理やね」
税理士の先生にとって、年間で一番忙しい
3月明けの、偽らざる答?
また、変っていく法律を勉強しないといけない
ことから、「人生はずっと勉強だよ」と。

最後に事務所見学。
パソコンに入っている秘密情報?をちらり。
コピー ~ CIMG1924.JPG
棚をぎっしり埋めている帳票などにも
興味を示し、先生に質問。
1時間~1時間半の予定が2時間になった。

最初私がお願いしたとき、「1時間持つかな?」
と言ってたS先生も「生徒が思いのほか興味深々で
2時間があっという間だったな~」とか。
このブログは連休明けに宿題で出した
感想文を載せるので、アップは5月8日ごろかな?

*ここまでは4月28~29日に打ったもの
 

はい、爆弾質問投下犯のS君の感想文です。

 僕は税理士とはどういう人なのか、
どういう仕事をしているのか全く知りませんでした。
しかし、今回税理士の先生の話を聞いて、
税理士ってこの世にはなくてはならない
仕事なん
だなと思いました。 
税理士の仕事は主に会社、個人からの求めに応じて

税金を計算して書類を作成することです。
今言葉で言うとかんたんなように見えるのですが、
実際はもっとむずかしく、時期によっては100件以上の
計算、書類を作成しなければなりません。
さらに税理士の仕事のほとんどが法律によって決まっています。
ですが法律は少しずつ変っていくので、変っていく法律を
調べなくてはいけないのです。
つまり時間がなくても日々勉強しなければ
税理は務まらないのです。
 税はみんなが平等に払わなくてはいけないお金です。
そのお金について色んな考え方があります。
それをまとめてくれるのが税理士です。
だから税理士はこの社会でなくてはならない
仕事なんだと思います。

 

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る