• 2006.10.11
  • 落合監督 はコメントを受け付けていません。

落合監督

今朝の朝刊の折込チラシは「ドラゴンズ優勝セール」一色だ。

私は物心ついたときからのGファンだった。
Gが勝つと夜のニュースは各チャンネルを回して
何度も同じシーンを見たものだ。
が、数年前からGの何でもかんでも4番バッター
の野球に辟易してGファンを解消した。
今はどこのファンでもないが、SBとかロッテの野球が好きだ。

昨夜びっくりしたのが「落合監督の涙」
あのポーカーフェイスの監督が涙した。
Gのような金に任せた大型補強をするでもなく、
若手を育て、最後に粘るTを振り切っての優勝。

私はロッテ時代から落合氏が好きだった。
ぶっきらぼうなインタビューの中に、プロとして何をすべきか、             どうしているのか、氏の揺らぐことの無い、飾ることの無い               
ポリシーがはっきり伝わってきたものだ。

私の知る限りでは、監督になってからは、                   
どこかの監督のように試合に負けると                      「3番が打たなくては・・・」とか戦犯を指してぼやかない。
また「チーム愛」などという、プロでありながら
少女マンガのようなことは一切言わない。
選手の失敗は、全て起用した監督の責任であり、
選手も生活がかかった一人のプロの人間であるから
「自分の為に野球をやれ」と言った。そして選手に公平に
チャンスを与え、各自のレベルアップを図った。
そしてそれをチームとして機能させた。                      
選手としてもそうだったが、監督としても超一流の               指導者であると思う。

「胴上げ&ビールかけ」・・・何度見てもいいものだ。
鳥肌がたつし、自分も経験してみたいと思う。
優勝したチームだけに許された、あの大人のはしゃぎっぷり。
ほかのチームに勝る1年間の努力のご褒美ともいえるだろう。


引退した平光審判だったかな、平光さんの現役審判時代に見た
スィングスピードが早かった打者は?とのTV番組での質問に
「落合と松井」と答えていた。
特に落合監督の場合は、ボールが間際まで来て、
普通の打者なら見逃して「ストライク」のコールを
しようと思うところからバットが出て打ってしまう、と言っていた。

私はプロ野球で見た右打者の右方向へのホームランで、
Gの二岡のホームランが一番美しいと思っている。
そして、現役時代の落合監督のホームランが一番                「いやらしい(悪い意味ではなく、打たれた投手からして)と思っている。

Dのチームはもちろんだが、私は落合監督に心から
「おめでとうございます」と言いたい。

あ、日本シリーズが残っているからまだ早いかな?

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る