• 2006.11.18
  • 試験前特別勉強会 はコメントを受け付けていません。

試験前特別勉強会

今日は午前中育真館、午後からは至誠館に出ている。
そう、試験前の特別勉強会である。

先週の土日から始まり、今週、来週の青山中
で終了。
朝9時半~夜の9時半の間のフリーラーニング。
もちろんコーチ(教師)が常駐している。                             
参加資格は絶対に成績アップを使用と思っている生徒。
2週間の計画をたてて持ってくる生徒。以上2点のみ。
計画は各中学校で立てた計画を持ってくればいいのだが               
これがまったくのくせ者。


計画が計画になっていないものが多い。
中学の先生も、35人前後の生徒の計画を
一人ひとり見ることができないのだろう。
検印は押しているものの、中身は見ていないと思う。
私が学校の教師ならば、再提出になる計画がゾロゾロある。
その前に「計画」とは何なのかを説明するだろうな。
計画になっていない計画に、とても検印など押せない。
もしかして中学校の教師自体が、計画が何なのか
を知らないのだろうか・・・まさかとは思うが・・・。               
いや、I中学校の1年生の計画表は確か・・・
アンパンマンの塗り絵で、やった時間を塗るようになっており                時間でぼっていたようだ。う~む、中学生でアンパンマンね・・・。

基本的に生徒の多くはページ数の割り振りがなされていない。
これができていないと、全く学習にならない。
時間だけ書いているとか、単元だけ書いているとか。
例えば計画表の社会の欄でで13~15日に「江戸時代」
を勉強すると書いてあるとしよう。
13日に教科書2P読んだだけでもやったことにはなる。
14日もほかの教科に時間をとられ3ページだけ。
ま~明日頑張るさ、と思って15日、やっぱり最後までやれず仕舞い。
これではだめなのである。教科書のP156~165&
ワークのP45~51とか具体的に書かなくてはならない。

目的を達成するために作るものが計画であるはずなのに
それが見込めないものを、計画表と私はいえないと思う。                   
だからきちんとした計画表を作れば半分は成功だ
と私は生徒に常々言っている。

自分で立てた計画に則って、それを粛々とこなす。
我々コーチはそれをサポートする。
分で考えて、自分で実行する。
いわゆる「学力」(まなぶちから)を向上させて欲しい。
次は何をしたらいいのか、指をくわえて待っているようでは                これからの時代には完全に取り残されてしまうから。
現在15:15分。教室は満席、熱気で溢れている。CIMG1448.JPG

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る