• 2008.2.17
  • 試験前講習会 はコメントを受け付けていません。

試験前講習会

今、勉強会の真っ最中。
 P1030418.JPG
今回の期末テストに関して
私は無謀な試みに挑戦している。
チャレンジ100と銘打って
「生徒各自が100%の力を出す」
その結果
「生徒全員の成績が上がる」
試験範囲の発表の前、全員に今回の試験に向かっての
私の決意と、なぜ勉強しないといけないのか、
一生懸命に物事になぜ取り組まないといけないのかを、
「二極分化」「勝ち組、負け組み」のキーワードから、
「2:8の法則」世界の到来を絡めて今後の社会の変貌
いや、現実に急激に変わりつつある社会に対処すべく、私なりの解説。
そして今年の学志舎のテーマ「変わる」ということについて
どういうことを意味しているのかを水泳の北島選手を例にとり、
私なりに火の玉になって彼らに説いたつもりだった。
そして今回の試験に向かって「基本の完璧な徹底」
をテーマに今までと学習方法を変えた。
今、ワークテストに敢然と挑戦している
生徒全員に次のアンケートをとった
今回のテスト勉強は、今までより
①きつい ②同じ ③楽
結果は・・・一人を除き全員が①
私が火の玉になって言った事に共鳴してくれた生徒が今、
今この横で必死で頑張っている。
きついと思うということは、今まで以上の学習に
取り組んでいるということ。
私はうれしくなって、彼らの勉強を少しだけ邪魔した?
「みんなちょっと聞いて欲しい。
今とったアンケートの結果、
ほとんどの生徒が一番やった。
きついと感じるということは、
今まで以上に頑張っているということやな。
試験前に先生が言ったことを聞いて
みんなが自分を変えようとしていることが
先生は本当にうれしい。
お礼を言います。ありがとう!」
塾人冥利につきるな~。
私は塾をやってる考え方で
他塾と大きな違いがあると思っている。
私は期末の特別授業でもそうだが、
時事問題、政治・経済・さらには歴史等
の話題を交えながら、生徒に話をする。
そのためにこの十数年日本経済新聞と一般紙を読み、
寝る前には歴史の本も読んでいる。
なぜ勉強しないといけないか?
なぜ塾をやっているのか?
もちろん成績を上げて、高校に合格することも
はずすことのできない大切な目的の一つである。
しかし時事問題、社会の趨勢、外交問題
政治経済を交えて彼らに話をするのは、
そして私の考え方の根本にあるのは、
さらに私の視線の先にあるのは、
例えば中3ならば、15歳の子供ではなくて、
5年後には大きく成長し、大人になった彼ら
を見据えているからなのだ。
薄っぺらい根性論を振りかざし
「やればできる、ガンバレガンバレ」
だけではなんともならない。
今現在は子供かもしれない。
しかし数年後には彼らは確実に大人になる。
だからいつまでも、レールを敷いてやってはいけない。
自分で考えて、自分の力でレールを敷き、
自分で走っていける人間にならなければ。
失敗を恐れていてはいけない。
逆に今しかできない、小さな失敗をして、
その修正の仕方を身に付ければよい。
与えられたレールの上を歩き、失敗という失敗もしらず
大人になって失敗をしたとき、どうなるであろうか?
いわば温室育ちの子供達を育てる気持ちは
私にはさらさらない。
学志舎の究極の使命は
数年後の立派な大人を育てる!

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る