• 2007.4.23
  • 選挙 はコメントを受け付けていません。

選挙

私は生徒に大人になったら必ず選挙に行くよう
期末特別授業で必ず言っている。
昨日私は事務長と選挙に行った。
用紙に候補者の名前を書くこともあれば、
該当者なし、と書くこともある。
過去の例では、後者の方が多いかな。

今朝ワイドショーを見ていると、
殺害された前長崎市長の娘婿が僅差で破れ
後援者の前で長女が挨拶を・・・。
「父伊藤一長はこの程度の存在でしたか。
父は浮かばれないと思います。残念です。
父の愛する長崎でこんな仕打ちを受けるとは
思いませんでした。」

おいおい、何か間違ってやしないか?
負けたのは娘婿であって、前市長じゃないだろう。
突然の出馬で、政治に関しては未知数なんだから、
娘婿が負けたからって、それはないだろう。
「夫の突然の出馬にもかかわらず、多くのご支援を
いただきまして・・・ありがとうございます」
と言うのが当たり前のような気がするが。
 

日本人はお涙頂戴に弱いから弔い合戦で
勝つとでも思っていたのだろうか?
長崎市民は案外冷静に投票したのではないかな。
あんな挨拶をされた後援者はびっくりしただろうな。
 
ま、立つのもやっとの状態でマイクを
向けられての挨拶だったし、
前市長の名前を書いた無効票が
かなりあ
ったという事実を知らなかったのかもしれないし、
いろいろ同情すべきところはあるのだが、
娘があんな挨拶をしていたのでは
それこそ浮かばれないような気がするが・・・。

 

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る