• 2014.5.19
  • コメントは受け付けていません。

高橋尚子杯 岐阜清流ハーフマラソン

9時過ぎに生徒の部活の試合を見に中学校に向かった。
すると、色とりどりのウェアを着た大勢のランナーが
金華橋通りを、所狭しと走っている。
marasonn.jpg
踵の状態さえよければ、自分もここを走っていたんだ。
うらやましくて仕方がなかった。
この大会は、ほんとに前日のエントリーからお祭り騒ぎ。
この雰囲気が大好き。
タイムがどうのこうのより、とにかく楽しく走る。
沿道の方々の応援もうれしいFUN RUN。
来援こそは皆と一緒に走って、おいしいビールを飲むぞ!
といったところで、生徒の試合を見た後は自分の試合。
2時半より、厚八グランドにて監督業に専念。
初回表2点を先制される。
裏にキャプテンのホームランで1点返す。
4回裏に3点取って4-2で逆転。
ところが5回表に逆に3点を取られ5-4で再逆転。
その裏2死3塁、同点のチャンスに私は審判に代打を告げた。
「代打をお願いします。私、山田です」
実は私の前のバッターが、1死2塁から
ノーサインでバントで3塁に送った後だった。
いや~、打ちたいばっかりのチームメイトが
バントで3塁まで進めてくれた。
気合が入らないわけがない。
もちろん初球から狙っていった。
真っ直ぐ低めに素直にバットが出た。
ボールはセンター前にライナーで飛んで行った。
同点。
続く2者連続ヒットで2点追加で再々逆転。
試合はそのまま終わり、今季5勝1敗。
うん、開幕戦の負けは痛かったが、
まだまだ優勝争いの真っただ中。
先発メンバーにはまだ入れないが、
踵の状態さえよくなれば・・・フル出場したいね!

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る