7月7日

はじめまして
今回初めてブログを担当する小笠原です
今日は七夕ですね
塾ではこの前それぞれの願いを短冊に書き、笹につるしました。
七夕は年に一度、織姫と彦星が会える日だったと記憶していますが
では、一体なぜ彼らは年に一度しか会えないのでしょうか?
全く思い出せません。
ということで、ちょっと調べてみました。
織姫と彦星は夫婦なのですが、仕事をせずに遊んでばかりいたので、
天の川のを隔てて引き離され、1年に1日しか会わせてもらえなくなりました。
そして、それ以外の日は仕事です。
七夕の日はどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができます。
しかし、雨が降ると天の川の水かさが増し、橋を渡ることができず二人は会えません。
かなり可哀そうですよね。
毎年七夕のの夜に、願いごとを書いた色とりどりの短冊や飾りを笹の葉につるし、星にお祈りをするのは昔からの習慣です。
この日は、一年間の重要な節句をあらわす五節句のひとつでもあります
大切な日には、何かを願いたくなりますよね。
さて、みんなはどんな願い事を書いたのでしょうか?
待ってるだけじゃ、願いはかないませんよ。
自分からつかみにいってください。
みんなの願いが叶いますように。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る