Q. 塾長はなぜ塾生を苗字ではなく名前で呼ぶのですか?

親が子どもにする最初のプレゼントって何だと思いますか?
それは…名前です。
名前には、子どもに対する親の「思い」が詰まっています。
私も自分の4人の子ども達が生まれるときに、姓名判断などの本を買って、悩みながらも一生懸命考えて名前をつけました。
私は塾生を自分の子どものように接したいと思っています。
だから苗字では呼びたくないのです。
その思いの詰まった名前で呼ぶのが当たり前のように思っています。
当塾の曽我コーチから教えてもらった詩がステキだったので添付します。

「名前は祈り」 毛利武

名前はその人のためだけに 用意された美しい祈り
若き日の父母が 子に込めた願い
幼きころ 毎日 毎日 数えきれないほどの
美しい祈りを授かった
祈りは身体(からだ)の一部に変わり その人となった
だから心をこめて呼びかけたい
美しい祈りを

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る