小学部

学志舎の小学部では、中学・高校の6年間で花開く「学力」を徹底して作ります。

小学生の6年間は、、中学・高校の6年間で花開く「学力」を徹底して作ります。
考える力、感じる力、喰らいつく力、土台になる基礎力を徹底的に鍛える、すなわち地頭(知能指数)を良くすることを含めた総合的な「脳力作り」をする期間だと考えています。
特に小学生にとって近未来の大学受験時の為の土台作りと言った方がよいかもしれません。
強固な土台を築いておけば、中学、高校に進学しても何も心配いりません。

パソコンをイメージしてみてください。
最新のソフトはメモリーが少ないと重たすぎて動きません。
小学生は中学、高校、大学と次第に重たいソフト(勉強)を動かさねばなりません。
メモリーが貧弱だとどこかでフリーズしてしまうのです。
中学時代数学が得意で、90点以下の点数を取ったことがない生徒が、高校で理系に進み、数Ⅰまでは何とかついて行けたが数ⅡBになった途端怪しくなり、数ⅢCではチンプンカンプンといったことは珍しくありません。
分かりやすく言えば、その生徒が頭の中に4G(ギガ)のメモリーを積んでいるとしましょう。
中学時代の数学(3G相当)では当然90点以上は簡単にとれますが、数ⅠA(4G相当)では目いっぱい頑張ってやっと理解できた。
ⅡB(6G相当)ではもうお手上げ、ⅢC(8G)ではチンプンカンプン何のことやら分からない。
こんな状態です。
この時期にしっかりとした大きな容量のメモリーを作るのです。
頭がよい人は何でも出来る、と言いますが、メモリー容量が大きいのです。
メモリーはまた作業机にもたとえられます。
机が大きく広いと、同時に2つも3つもの作業が並行してできますし、多くの資料を置けるので内容の濃い作品が出来ます。(作品=成績)
ただしこのメモリーの容量を作る学習過程は、前述のように大きなメモリーが必要となった時でないと分かりにくいものです。
ですから小学校時代の算数の計算、英検などの検定のように、目ではっきりと見えるものではありません。
しかし、この見えにくいものを子供たちの頭脳の中に作っていくことがこの時期最も大切であることは、長年にわたり多くの子供たちを見続けた結果強く感じることです。
これは高校生になって、「あのときやっていたから…」と振り返ることが出来るものかもしれません。
小学生にとって近未来の大学受験の時に充分に戦える能力を養っておく、それが国語力を中心とした、学志舎の小学生コースの考え方です。

小学生月謝
 
 

各学習科目の具体的内容について

「ことばの泉」 *単科6,000円(税抜)

①速読+読むとくメソッド(1~6年)
速読聴で読書速度を速くします。
それにより右脳開発を目指します。
語彙チェックシートで語彙力を高めます。
分からない言葉は辞書引きをいたします。
「ストーリーシート」「登場人物シート」で速読だけではなく、精読する力を伸ばします。
速読聴の成果を客観化するために年に2回の「読書指数診断テスト」を行います。
それによって「推定語彙」「学年相当語彙」「分野別語彙」の量的・質的到達度と「読書速度」「読書の精度」を指数化します。
業界で初めてのテストです。

②速読+作文(4~6年)*単科8,000円(税抜)
読書の効果はインプットした情報を、頭の中で言語変換してアウトプットすることで高まります。
これをすることで読書単体の5割以上の効果があると言われています。
中学年からは、読書と作文を組みあわせたコースを作っています。

作文①「コボちゃん作文」
4コマ漫画の「コボちゃん」を100~150字程度でまとめます。
最初の一文は短く、二文目は、次に接続詞を使って…丁寧な言い回しは使わない、等のルールにのっとって進めます。
大人でも難しい作文ですが、漫画を見て書くこともあり子供たちは抵抗なく入っていけます。
これが上手に書けるようになると、高校入試程度の小論文は難なく書けるようになります

作文②「ワークシート作文」
*基礎力を育てる「ことば遊び作文」「日記」「学習」「手紙」「コピー」
*想像力を楽しむ「なりきり作文」「ファンタジー」「パロディ」「SF]「ウソ}
*思考力を鍛える「スケッチ作文」「鉛筆対談」「資料活用」「ディベート」「反論」の3部構成になっています。
遊び感覚で(例・基礎力-ゲラゲラ日記)、想像力を使い(想像力-18年後の自分)、思考力(反論-給食をやめよう!?)を高めていきます。
特徴は*単作でよい *楽しく書ければよい *多作をするの3つです。
作文力は短い作文を数多く書くことで養われます。
それも誰でも書ける楽しい内容を数多く書くことで、子供たちは知らず知らずのうちに800字程度の作文が難なく書けるようになります
「ことばの泉」は、学志舎の一番のお勧め講座です。
 

「エジソンクラブ」*単科6,000円(税抜)

「基礎学習練習帳」「文章題」「計算練習帳」から構成される無学年式進級式の教材を使用します。

エジソンクラブ*基礎学習練習帳
読み・書き・計算の力が自然につくように構成されています。
問題の形式も変化に富んでおり、アドバイスや順序よく考えるためのアプローチなど様々な工夫が凝らされています。
また教科書準拠の教材のような、単元別で完全に区切られておらず、繰り返し繰り返し様々な単元で習ったことが出てくるので、しっかりとした学力が定着します。
掛け算の文章題のように、答えはあっているが、式の「掛ける数」と「掛けられる数」が逆になっているというような混乱も修正し、真の理解へと導けるような内容となっております。
また、しりとり、反対語クイズ、方陣、クリプトなど子供たちを飽きさせないコーナーもあり、数の概念が次第に身につく内容となっています。

*文章題
計算は強いが文章題はダメ。
今の子供たちは文章に触れる機会が少なく、TVとかゲーム、映像と音声の組み合わせから受動的に情報を吸収することが多く、活字を読んで内容を理解するといった作業が少ない生活をしています。
それが読解力の低下を招き、文章題が苦手な子どもを作る一因となっています。
文章題では、文章の要旨を的確につかんで分析して解答する力=「読解力+分析力」を養います。
例えば、同じページの中でも、足し算、引き算、掛け算、割り算、さらに概念、少数、分数を使って、時間の問題や長さの問題に関して解いていくというような変化のある内容になっています。
(準7、7、準6、6級=3年生に96項目の学習内容が盛り込まれている)
様々な問題を既定の時間内で(学年により1ページ5ないし7分)繰り返し読んで、意味を考えながら解いて行くことで、読解力と分析力が養われます。
また実力テストの結果により決定した級よりスタートするので、無理なく進められます。

*計算練習帳
この計算練習帳を徹底訓練することにより、子供たちの集中力とスピードが飛躍的に高まります。
5分テストで足し・引き・掛け・割り算を正しく計算できるように指導しながら、タイム計測をし、計算能力の向上を図ります。
まずは100問を2~3分でできることを目標に、何回も反復演習を繰り返します。
入塾当時100問を10分もかかっていた生徒でも、2年もすると、1~2分でできるようになります。
計算テストは通常の計算問題だけではありません。
お金、図を使った計算問題などもあり、数の仕組みを理解しながら加減乗除を行います。
また「数さがし」では数の合成、分解を中心に行いうので引き算が苦手な子も、知らず知らずのうちに得意になっていきます。
「いろいろ算」は、時間と時刻、長さ、重さ、分数、少数、かさ、図形、カレンダー、漢数字など、文字通り色々な内容で応用力をつけます。
 

エジソンクラブ「算数Ⅰ」 教材「スモールステップ」使用

個別指導教室を運営している先生が作った教材です。
以下の特徴があります。

・問題の配列は超スモ-ルステップ方式だから子どもにとってわかりやすい。
・最後に学校のテスト対策用の【まとめの問題】があるので定着の確認ができテストで高得点が取れる。
・わかってできることに焦点をあわせて作ってあるので応用力がつく。
・スパイラル方式だから意味を何回も確認できる。
・1日に何枚もの問題を解くため子どもに達成感が得られる。
・反復練習問題が多い。
・問題量が多いので定着が確実である。
・説明は簡潔でビジュアル化してあるのでわかりやすい。
・子どもの指導から誕生したので子どものつまずきや理解しにくいところに配慮してある。
 

エジソンクラブ「算数Ⅱ」 教材「エリート教室」使用

「エリート教室」は、小学生用のハイレベル教材です。
無学年式ですが、学年別に学習できるようになっています。
1つの学習範囲を6段階(ルーム)に分け、さらに6つのテーマとまとめに分割、編集されていますので、はじめてその単元を学習する子供に配慮された構成になっています。
「エリート教室」は、学習指導要領で定められた各学年の「基本的な学習内容」に加えて「発展的な学習内容(受験の基礎)」が盛り込まれた、公立中学に進学する上位層の生徒向けの教材です。
 

「論理エンジン」*単科6,000円(税抜)

論理エンジンは「正しい読解力の仕方」を体系的にまとめたものです。
様々な言葉には必ず意味があります。その言葉を規則的に使うこと。
さらに一つの文にも必ず規則があり、それを理解し、訓練しながら筋道を立てて理解したり、説明したりすることが出来るようになります。
「論理力」を鍛えるのが論理エンジンです。
論理力は全ての教科の根本です。
「論理力」は国語はもちろん、全ての教科の学習において基礎となります。
算数では、問題の中に出てくる数の関係を論理的にとらえて公式に当てはめ、計算を順序立てて積み重ねることで答えが導き出せます。
論理力は車でいえば「エンジン」に当たる大切なものです。
当たり前の話ですが、車にはエンジンが搭載されているから走ることが出来るように、全ての教科において論理力があれば、正しく理解することが出来ます。
論理力を鍛え伸ばすことで、国語だけでなく、全ての教科の理解を深めることが出来ます。
 

「ロボット教室」 *単科9,500円(税抜・月2回)

子供たちに理科や科学の感動を与える講座です。
ロボット教室《特徴》
*ロボット=楽しいコンテンツで無理なく続けられます
*オリジナルブロック+ワーク=専門的な内容も体系的に無理なく学べます
*理数系の基礎力=ドリルでは学べない空間認識能力を育てます
*高橋智隆先生=教材ロボットの設計者は世界初の「会話するロボット宇宙飛行士・キロボ」の開発者です。

 
 

コース一覧

小学部コース   中学部コース   高校部コース
塾長ブログ     コーチブログ
          チャイルドハート岐阜長良
ページ上部へ戻る